ブロードバンドコンテンツ市場の離陸はまだまだ遠い? —矢野経済研究所のレポート | RBB TODAY

ブロードバンドコンテンツ市場の離陸はまだまだ遠い? —矢野経済研究所のレポート

ブロードバンド その他

 矢野経済研究所は、動画・音楽コンテンツの有料サイトの利用者を対象にしたアンケート結果を公表した。有料サイトを実際に利用したユーザに対して、よかった点や不満点、今後欲しいサービスなどを調査したものだ。回答では、自分の時間にあわせて視聴ができる、お店に足を運ばなくていい、といったメリットを感じている一方で、画面が小さい、品質が安定しない、料金が高いといった不満が指摘されているという。

 ただ、このレポートの最大のポイントは予備調査対象の11,619人のなかで、有料サイトの利用経験がある本調査対象数がわずか540人だった、という点にあるのではないだろうか。予備調査の75%以上がADSLやCATVなど常時接続サービス利用者であるにもかかわらず、である。

 予備調査の結果によれば、複数回答による「インターネットでアクセスするサイト」という設問について、動画・音楽の無料サイトについては27.38%(3,106人)の一方で、動画・音楽の有料サイトは4.65%(540人)にとどまっている。

 これが、インターネット上のデータやコンテンツは無料だという認識が広まっているためなのか、無料コンテンツを見て「こういう品質なら有料コンテンツに金を払うのはちょっとな」という印象を持っているからか、それとも単に、他の無料のサイトに流れているのか。理由はいろいろだと思われるが、「コンテンツ市場」が飛び立つには、まだまだ時間がかかりそうだ。
《RBB TODAY》

特集

page top