タブの実装と日本語化されたSafariがリリース。IEやNetscapeとも肩を並べるWebブラウザに | RBB TODAY

タブの実装と日本語化されたSafariがリリース。IEやNetscapeとも肩を並べるWebブラウザに

ブロードバンド その他

タブの実装と日本語化されたSafariがリリース。IEやNetscapeとも肩を並べるWebブラウザに
  • タブの実装と日本語化されたSafariがリリース。IEやNetscapeとも肩を並べるWebブラウザに
  • タブの実装と日本語化されたSafariがリリース。IEやNetscapeとも肩を並べるWebブラウザに
 Apple Computerは、タブの実装や日本語化が施されたWebブラウザーの最新版「Safari Bate2 v73」を発表した。対応OSはMacOS X 10.2以上で、最新版のSafariはMacOS Xの「ソフトウェアアップデート」または同社のWebサイトから無償で入手できる。



 今回のバージョンアップでは、1つのウィンドウで複数のWebサイトを切り替えて閲覧できる「タブブラウジング」機能が追加された。

 また、従来は英語版のみだったが、日本語をはじめとして、フランス語とドイツ語版も登場した。これにより、メニューのほか、設定ウィンドウも日本語化されている。しかし編集部で確認したところ、フォームからの日本語入力において、場合によっては文字が化けるなど若干の不具合が残っている。

 また、閲覧履歴、キャッシュ、クッキーなど記録をすべて消す「Reset Safari」や、フォームへの自動入力機能「AutoFill」などの機能が追加された。ほかの改良点として、NetscapeとMozillaのブックマークインポート機能、AppleScriptサポートの向上、各標準化との互換性の向上などが挙げらる。

 これらの新機能や改良によりSafari bata2は、Internet ExplorerやNetscapeなどのWebブラウザと比べても肩を並べるようになったといえるだろう。なお、2003年中には正式版をリリースするとしている。

設定画面についても日本語化が施されている
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top