マイクロソフト、Systems Management Server 2.0 SP5の配布を開始 | RBB TODAY

マイクロソフト、Systems Management Server 2.0 SP5の配布を開始

ブロードバンド その他

 SMS 2.0 SP5では、サイト間通信を暗号化して不正なデータの排除が可能となったほか、Windows Server 2003のフルサポートや、低速リンクの信頼性向上などが実装されたという。

 インストールにはSMS 2.0 SP2以上が必要で、SP2よりも前のサイトサーバでは、いったんSMS 2.0 SP2へのアップデートを行ってからSP5を導入する必要がある。
《RBB TODAY》

特集

page top