ADSLとの料金格差縮まる−キャッチが30Mを月額4,200円で提供 | RBB TODAY

ADSLとの料金格差縮まる−キャッチが30Mを月額4,200円で提供

ブロードバンド その他

 愛知県刈谷市など6市3町でサービスを提供しているキャッチネットワークは、6月1日よりあらたに下り最大30Mbpsコースと下り最大16Mbpsコースの2コースを追加、CATVインターネットサービスを3コース体制に変更する。

 同社は、もともと下り最大8Mbps(上り768kbps・月額4,500円)のコースのみを提供していた。今回のサービス改定では、従来コースの速度の2倍と約4倍の2コースを新規に提供すると同時に、従来コースの値下げを実施するという大規模なものとなった。

 ADSLサービスよりも割高とのイメージがあるCATVインターネットサービスだが、多チャンネルサービスと一緒に利用すると利用料が安くなるケースが多い。キャッチネットワークの場合も、多チャンネルサービスとセットで利用すると、合計利用料が1,000円引きとなる。そのため、実質的には30Mサービスが4,200円、16Mサービスが3,500円で利用できることになり、ADSLサービスとの料金格差は以前よりも縮まったといえるだろう。

 6月1日からのサービスメニューは以下のとおり(カッコ内は多チャンネルとの同時利用時の利用料)

●8Mコース
 速度:下り8Mbps、上り768kbps
 利用料:4,350円(3,350円)

●16Mコース
 速度:下り16Mbps、上り2Mbps
 利用料:4,500円(3,500円)

●30Mコース
 速度:下り30Mbps、上り5Mbps
 利用料:5,200円(4,200円)

 なお、現在CATVインターネットを利用しているユーザが上記コースを利用する場合、モデム交換(変更手数料3,000円)が必要となるが、5月末までは手数料が無料となるキャンペーンを実施している。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top