[コラム]激化するイラク戦争--衝撃の映像。イラクと米国それぞれのメディアが伝えるもの | RBB TODAY

[コラム]激化するイラク戦争--衝撃の映像。イラクと米国それぞれのメディアが伝えるもの

エンタメ その他

 やはりこういう状況になったらイラク戦争を無視するわけにはいかないのだなあと思うのである。とにもかくにも今回の戦争は不思議なことばかりだ。中でも不思議なのは、アメリカの世論調査で70%くらいの人が今回の武力行使を支持しているということ。CNNによると開戦前でも66%が支持だったらしい。不思議である。戦争にはまず「反対」という立場でアプローチしていくのが当たり前という感覚があったから驚いた。

 普通に一般論として「戦争による解決は賛成か反対か」と問われるとほとんどの人は「反対」に回るはずである。まさか戦争という行為が善だとは……一部の狂信的な人を除けば、思ってないはずだ。でも武力行使を支持する人が多いってことは、戦争は反対だけどやむを得ぬ理由があれば仕方ないと考えているからに違いない。

 じゃあ今回の戦争にそこまでの大義名分があるのか、というと、それがよくわからないのである。湾岸戦争時のように明白な動きがあればまだしも、今回は伝聞や憶測の混じった情報ばかりが飛び交って、表沙汰になっている情報だけではとても理由としては弱く(だから多くの国が反対したり懸念を示したわけだが)、そうじゃない情報はホントかどうかわからないものばかり。

 つまるところ、日本にいて入ってくるのはアメリカのCNNやABC、イギリスのBBCを通したニュースばかりで、それが公正で信用できるかというと、まさかそんなわけがない。何しろ当事者国なのだ。戦争当事国が戦争について公正で正確な報道をした試しがあったか、というと、たぶん、ないのである。(荻窪圭:コラム本文へ)。
《RBB TODAY》
page top