富山の新川インフォメーション、最高で下り速度を12Mbpsにまで引き上げ | RBB TODAY

富山の新川インフォメーション、最高で下り速度を12Mbpsにまで引き上げ

ブロードバンド 回線・サービス

 新川インフォメーションセンター(富山県魚津市)は、CATVインターネットサービスのサービス内容を全面改定、最速の超高速コースで下り速度を12Mbpsにまで引き上げた。なお、12Mサービスの申し込みは4月1日から開始される。

 今回のサービス改定は、「高速コース」「超高速コース」の2コースが速度を大幅に増速されたのが最大の特徴。特に、超高速コースは最大速度が下り12Mbps・上り1Mbpsと、ADSL並の速度となる。

 利用料に関しても、若干ながらも「高速コース」「標準コース」ならびにオプションサービスが値下げされた。この他にも、ディスク容量が増加(5Mバイトから10Mバイト)されるなど、改定内容はサービス全般にわたる。

 速度と利用料の変更は以下のとおり。

■標準コース
 速度:下り256kbps/上り128kbps→上下とも256kbps
 利用料:3,800円→3,300円

■高速コース
 速度:下り512kbps/上り256kbps→下り2Mbps/上り512kbps
 利用料:4,500円→4,300円

■超高速コース
 速度:下り1.5Mbps/上り512kbps→下り12Mbps/上り1Mbps
 利用料:5,500円

■オプションサービス
 メールアドレスの追加:500円→300円
 ディスク容量の追加:5,000円/年/1Mバイト→500円/月/5Mバイト

 なお、同社では「春のキャンペーン」として、初期費用を最大6万円割り引くキャンペーンを開始した。このキャンペーンでは、今春卒業・入学・就職あるいは転入した方に対して、さらに工事費を5,000円割り引く特典もある。キャンペーン期間は5月31日まで。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top