シマンテック、大量メール送信タイプのウイルス2種について警告 | RBB TODAY

シマンテック、大量メール送信タイプのウイルス2種について警告

エンタープライズ その他

 シマンテックは、あらたに2つのウイルスに関する警告を発表した。「W32.Ganda.A@mm(Ganda.A)」と「W32.HLLW.Oror.AI@mm(Oror.AI)」で、危険度評価はいずれも2(低)。さほど危険とはされていないものの、大量メール送信機能があるため、メールサーバなどに悪影響をおよぼすおそれがある。

 Ganda.Aは、クリックして開くと発病するタイプ。Windowsのアドレス帳やローカルシステム上のファイルから収集したすべてのアドレスに対して自分自身を送信する。本文はスウェーデン語または英語となっており、添付ファイルの拡張子は「.scr」。アンチウイルスソフトやパーソナルファイアウォールソフトを停止させるなどの不正動作も行う。

 Oror.AIは、Ororの亜種。こちらも大量メール送信タイプだが、共有ドライブやIRC経由でも感染を広める。発病すると、セキュリティ関連ソフトウェアを停止させるなどの不正動作をおこなうほか、PC内のファイルを削除するため、直接のダメージが大きい。

 日本での大規模感染はあまりなさそうだが、アンチウイルスソフトの定義ファイルがアップデートされているかどうか、今一度確認しておこう。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top