コミュニティ重視のBB向け新サービス「BBMODE」に、バンダイチャンネルがオープン | RBB TODAY

コミュニティ重視のBB向け新サービス「BBMODE」に、バンダイチャンネルがオープン

エンタメ その他

コミュニティ重視のBB向け新サービス「BBMODE」に、バンダイチャンネルがオープン
  • コミュニティ重視のBB向け新サービス「BBMODE」に、バンダイチャンネルがオープン
  • コミュニティ重視のBB向け新サービス「BBMODE」に、バンダイチャンネルがオープン
 バンダイチャンネルは、コンテンツ配信事業に積極的に取り組んでいくと発表、その第一弾として、3月1日から試験サービスが始まるブロードバンドユーザ向けの新サービス「BBMODE(ビービーモード)」に、コンテンツパートナーとして協力する。

 BBMODE(ソリッド・エクスチェンジ提供)は、映像を視聴しながらインタラクティブなコミュニケーションが可能な新しい発想のサービス。従来のブロードバンドサービスがインターネットライブやビデオオンデマンドのみを配信していたのに対し、BBMODEでは双方向のコミュニケーションを重視、試聴者参加型のコンテンツを配信する。

 そのための番組として提供されるのが、掲示板やチャットなどができる「スタジオライブ番組」「ライブ番組」「オンデマンド番組」などの番組だ。中には、専用スタジオからユーザのPCのアニメキャラをリアルタイムに動かしたりできるチャンネルもあるようだ。

 3月1日から31日までの試験サービス期間は、バンダイチャンネル提供の「ガンダム・チャンネル」がオープン、全コンテンツが無料で視聴できる。ただし、試験期間中はAII提携事業者のユーザのみしか利用できない。4月1日の本サービス開始以降は、@NetHome、BIGLOBE、DreamNetなどでも利用できるようになるほか、今後も利用可能なISPを追加する予定だという。

 会員登録には利用料が必要ないが、コンテンツの利用にはチャンネルごとの利用料が設定されるという。コンテンツ課金が開始されるのは、試験期間終了後の4月1日以降となる。

 バンダイチャンネルは、昨年10月より開始したアニメの有料配信が約5ヶ月間で100万話を突破し、有料配信コンテンツとしては好調な滑り出しを見せている。同社は、今後も有料配信アニメを強化、充実させていくとしている。

バンダイチャンネル
バンダイチャンネルWebサイト (C)創通エージェンシー・サンライズ
《RBB TODAY》

特集

page top