アレスコム、ホテル向けブロードバンドのターンキーソリューションで日本市場参入を計画 | RBB TODAY

アレスコム、ホテル向けブロードバンドのターンキーソリューションで日本市場参入を計画

ブロードバンド その他

アレスコム、ホテル向けブロードバンドのターンキーソリューションで日本市場参入を計画
  • アレスコム、ホテル向けブロードバンドのターンキーソリューションで日本市場参入を計画
 米アレスコムは、ホテル客室・会議室向けのDSLソリューションを日本国内で販売することを計画している。最大52MbpsのVDSL装置や無線LANアクセスポイントといった機器類から、課金システム、年中無休のホテルおよび宿泊客向けサポートが含まれる。

 ビジネス客にインターネット接続を提供したいホテル向けのもので、米国内ではすでにシェラトンやホリデーインなどホテルのほか、おもしろいところではインディ500で有名なインディアナポリスモータースピードウェイでの採用事例もある。

ホテル内に設置されるCDS6100コントローラ / CDS60xx集線装置

 ホテル内にCDS6100(コントローラ)と、CDS6024E(24ポートVDSL集線装置)またはCDS6020(20ポートADSL集線装置)を設置、各客室にDSLモデムを設置する。会議場など向けには無線LAN(IEEE802.11b)による接続も可能だ。課金管理やネットワークマネジメントは、インターネット経由でアレスコムのネットワークオペレーションセンタに集約されており、ホテル側の負担が少ない。また、DSLによって各室への配線は既存の電話線を利用できることで設備投資も少なくて済む。

非対称 対称 非対称 対称
通信速度 52Mbps 10Mbps 8Mbps 1Mbps
サービス距離 約1200m 約1200m 約5.5km 約150m
ポート単価 1200ドル 350ドル 400ドル 180ドル

(表:ソリューションで提供されるDSL)

 このシステムでは、宿泊客がノートパソコンにLANケーブルを接続してブラウザを起動すると、最初にサービス案内のページが表示される。この時点ではインターネットへの接続はできない状態で、必要な課金情報を入力するとインターネットに接続できるようになる。いったん決済されれば、プランに応じた時間(数時間〜数日)は自由にインターネットが利用できる状態となる。支払い方法には、クレジットカード決済のほか、用途に合わせたプリペイドカード(24時間接続可能、9時間・会議室のみ、など)も用意されている。ビジネスユースへの対応として、VPN(L2TP、IP GRE)もサポートしているという。

 アレスコムのDSL製品は、日本国内でもすでに有線放送網のDSLサービスなどで採用されている。
《RBB TODAY》
page top