ソニーのネットワークバイオ向け「Hotnetwork」が提供対象を拡大。機種変も可能に | RBB TODAY

ソニーのネットワークバイオ向け「Hotnetwork」が提供対象を拡大。機種変も可能に

ブロードバンド その他

 ソニーマーケティングなど2社は、ネットワークバイオ向けに提供中の「Hotnetwork」サービスについて一部内容を改定し、対応機種を追加するなどサービスの利用機会を拡大させた。

 Hotnetworkは、ネットワーク経由で自宅PC内のデータにアクセスできる「LinkGarage」と、インストールされたソフトウェアのアープデートが可能な「ソフトウェアダウンロード」の2つから成るブロードバンド活用サービス。これまでネットワークバイオ3機種(PCV−JX10GN・PCV-JX11GN・PCG-NV95EN)のみを対象としていたが、今回のサービス改定により、2001年10月以降に発売したWindows XPプリインストールのバイオ、および2001年5月以降発売のモデルでユーザ自身がOSをWindows XPにアップグレードしているバイオであれば利用することが可能となった(詳細は下記リンク先を参照)。

 さらにサービスを利用する機種の変更も可能となり、Hotnetworkサービスに対応するバイオであれば機種変更手続き(手数料:1,000円)を行うことにより、手持ちのPCを変えた場合でもサービスを継続利用することができるようになっている。

 Hotnetworkの利用料は年額3,000円(初年度のみ2,500円)で、新規利用の場合別途初期登録料(500円)が必要となる。
《RBB TODAY》

特集

page top