JR東の無線LAN実験が2/20より再開。今春にはNTT系事業者とのローミングも | RBB TODAY

JR東の無線LAN実験が2/20より再開。今春にはNTT系事業者とのローミングも

ブロードバンド その他

 東日本旅客鉄道(JR東日本)と日本テレコムが共同で展開する「無線による、駅でのインターネット接続実験」が、2月20日午前10時よりサービスの提供を再開する。

 同実験は、昨年2月より11月で首都圏の駅構内を中心に試験的に提供されていた公衆無線LAN接続サービス。実験再開にあたり、従来の一部エリア(札幌駅・成田空港等)に代わりあらたに首都圏主要駅や新幹線拠点駅がサービスエリアに加えられるほか、接続画面を利用したエリア情報の提供や、NTT系事業者4社による同様のサービス(NTTコミュニケーションズ「ホットスポット」/エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム「無線LAN倶楽部」/エヌ・ティ・ティ エムイー「NeoMobile」/エヌ・ティ・ティ・ドコモ「Mzone」)とのローミングの実施も予定されている。なおローミングに関しては現在子細の検討中で、提供開始は今春となる模様。

 実験の再開にあたり、新規モニタの登録受付も2月19日午後5時より再開される。ただし休止前に既にモニター登録を済ませている場合にはあらたな登録作業は必要なく、利用規約に同意すればそのままサービスを継続利用することができる。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top