PhotoHighway Japanが有償サービスに。タイムカプセルアルバムなど機能・内容も強化 | RBB TODAY

PhotoHighway Japanが有償サービスに。タイムカプセルアルバムなど機能・内容も強化

エンタメ その他

 フォトハイウェイ・ジャパンは、3月10日よりオンラインフォトストレージサービス「PhotoHighway Japan」を有償化するとともに、ディスク容量の増大や機能の追加などサービス内容を強化する。

 これまでPhotoHighway Japanでは、100Mバイトのディスク容量を使って静止画のフォトアルバムを公開できるサービスを無料で提供してきたが、有償化以降は静止画ファイルに加え.movや.aviなどの各種動画ファイルに対応するほか、ディスク容量も100Mバイトに加えあらたに500Mバイト・1Gバイトの3タイプを用意する。

 また機能面の強化も行われ、アルバムの公開URLが書かれたメールを期日指定で送信することのできる「タイムカプセルアルバム機能」が追加されるほか、アルバムの表紙やテンプレートに利用できるテーマの選択肢も追加される。

 3月10日以降の利用料金は、半年契約の場合ディスク容量100Mバイトが1,800円、500Mバイトが5,400円、1Gバイトが9,900円で、別途1年契約のプランも用意されている。

 なお現在利用中のユーザは、3月10日から4月30日までは有料サービスへの移行期間として一部を除く新サービスのすべてを利用することでき、3月9日以前に作成したアルバムもそのまま保持されるが、この期間に有料サービスの申し込みを行わなかった場合には、データこそ最長6か月間保持されるものの、アルバム編集機能などほぼすべての機能が利用できなくなる。
《RBB TODAY》
page top