近畿地区17社のCATVインターネットがIP電話サービスを4月より開始 | RBB TODAY

近畿地区17社のCATVインターネットがIP電話サービスを4月より開始

ブロードバンド その他

 近畿地区で展開するZAQなどのCATVインターネット17社は、4月から共同でIP電話サービスを開始すると発表した。サービスは、各社が順次モニタの形で開始させるとしている。

 今回のIP電話サービスでは、050の電話番号を用いたユーザ同士の無料通話と、一般固定電話への発信が提供される。なお、夏頃には一般の固定電話からの着信も受けられるようになるという。

 発表ではIP電話網インフラとして、NTTコミュニケーションズとKDDIを利用するとしているが、各CATV事業者がそれぞれ選ぶ形になるため、17社のCATVインターネット同士すべてで無料通話が実現されるのは微妙な状態だとしている。

 なお、一般固定電話への発信は3分8円程度で、基本料金やIP電話アダプタのレンタル料金は各社で検討を進めているとしている。これら17社は、2001年10月より共同でIP電話サービスの実験を進めており、その成果を踏まえて4月からの開始にめどがついたとのことだ。

 ADSLを用いたIP電話サービスが続々と発表される中、富山県内のCATVインターネットが共同でIP電話サービスを導入するなど、地域におけるCATV同士の連携が強くなってきている。

 IP電話を提供するのは以下の17社。

  • 明石ケーブルテレビ
  • 泉大津ケーブルテレビ
  • 近江八幡ケーブルネットワーク
  • 大阪セントラルケーブルネットワーク
  • 加古川商工開発
  • 関西ケーブルネット
  • キネット
  • 京都ケーブルコミュニケーションズ
  • 近鉄ケーブルネットワーク
  • 京阪ケーブルテレビジョン
  • 京阪神ケーブルビジョン
  • ケーブルテレビ神戸
  • 滋賀ケーブルネットワーク
  • シティウェーブおおさか
  • テレビ岸和田
  • 阪神シティケーブル
  • 姫路ケーブルテレビ
  • アイテック阪神
  • 関西マルチメディアサービス
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top