IMの添付ファイルもチェックできるNorton Internet Security 2003の新機能 | RBB TODAY

IMの添付ファイルもチェックできるNorton Internet Security 2003の新機能

ブロードバンド その他

 「Norton Internet Security 2003」は、「ノートン・アンチウイルス」、「ノートン・パーソナルファイアウォール」をセットにしたパッケージだ。アンチウイルスとパーソナルファイアウォールは単品でも販売されているが、個別に買うよりインターネットセキュリティのパッケージを買った方が割安になる。

 役割としては、ワンパッケージでPCの安全を守ることだ。ざっくり説明すると、コンピュータウイルスからPCを守るのがアンチウイルスで、クラッカーの侵入やスパムメールからPCを保護するのがパーソナルファイアウォールとなる。具体的にどんなものを防御できるのかというと、ウイルス、不正侵入、クレジットカード番号など個人情報の漏洩、スパムメール、悪質なクッキーや悪質なポップアップ広告などで、Norton Internet Security 2003の守備範囲は非常に広い。

 アンチウィルスソフトはもはやメジャーソフトといえる。そうした中で、Norton Internet Security 2003はメールのウィルスに限らず、インスタントメッセンジャー系ソフトウェアのアンチウィルスにも対応していることが大きな特徴だ。メールの次はIMがウィルスを媒介する標的ともみられており、Norton Internet Security 2003は先に対策をとった形になる。

 Norton Internet Security 2003を構成するもうひとつの機能であるパーソナルファイアウォールも、これからは必須の機能となる。今までであれば、自宅のPCに侵入してくるヤツはいないと片づけられやすかった。しかし、これからは公衆無線LANサービスが普及してくる。とあるホテルで公衆無線LANサービスを利用したところ、「ネットワークコンピュータ」に見知らぬPCが10台ほど表示されたこともある。ファイル共有が設定されていたら、簡単にファイルも盗み出せる。だからこそ、パーソナルファイアウォールを使い、不正侵入を防ぐ努力もこれからは必要といえそうだ。

(詳細記事は関連リンクより)
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top