トレンドマイクロ、ウイルス検索エンジンに不具合。設定変更か修正モジュールで対応 | RBB TODAY

トレンドマイクロ、ウイルス検索エンジンに不具合。設定変更か修正モジュールで対応

エンタープライズ その他

 トレンドマイクロは、1月8日と15日に公開したウイルス検索エンジン「VSAPI 6.510」に、Access形式のファイルスキャンでパフォーマンス低下がある、起動に失敗するなどの不具合があることを明らかにした。

 Access形式(.MDBおよび.MDE)のファイルスキャンでパフォーマンスが低下する問題は、Windows9x系とNT系(2000、XP含む)のウイルスバスターおよびウイルスバスターコーポレートエディションが影響を受ける。暫定の回避策としては、検索除外設定で、除外するファイルに.MDBおよび.MDEの拡張子を登録すればよい。

 また、起動に失敗する問題は、起動時にパターンファイルの読み込みに失敗する場合があることが原因で、Windows9x系のウイルスバスターおよびウイルスバスターコーポレートエディションが影響を受ける。すべての環境で起きるものではないとのことで、この現象が起きるとパターンファイルの読み込みができなかった旨のメッセージ(ウイルスバスターでは「検索エンジンの初期化に失敗しました」、コーポレートエディションでは「VXDパターンファイルをロードできません」)が表示されるので見分けが付くという。この不具合が発生した場合、サポートに連絡する必要がある。

 これらの不具合を修正したウイルス検索エンジンは、1月27日に公開される予定。
《RBB TODAY》

特集

page top