ホットスポット、プリペイドカードを用いた1日500円の料金を追加 | RBB TODAY

ホットスポット、プリペイドカードを用いた1日500円の料金を追加

エンタープライズ モバイルBIZ

 NTTコミュニケーションズは、公衆無線LANサービス「ホットスポット」に1日500円の料金プランを追加すると発表した。支払いに利用するプリペイドカードの販売準備が整いしだい提供開始となる。

 スクラッチ方式のプリペイドカードには、ログインより24時間有効となるIDとパスワードが書かれている。12月18日よりシャープのショッピングサイト「SSTショッピングタウンkutikomi」で、12月21日よりビックピーカン10店舗とプリンスホテル6ヶ所で販売開始となる。同社では、主に出張中のビジネスマンをターゲットにするとしている。

 プリペイドカードは以下の店舗・ホテル・ショッピングサイトで販売される。

●株式会社ビックピーカン
 池袋本店
 新宿西口店
 新宿東口店
 有楽町店
 立川店
 新横浜店
 横浜駅前店
 なんば店
 天神店
 札幌店

●株式会社プリンスホテル
 品川プリンスホテル
 新高輪プリンスホテル
 高輪プリンスホテル
 高輪プリンスホテルさくらタワー
 東京プリンスホテル
 六本木プリンスホテル

●SSTショッピングタウンkutikomi
 シャープのショッピングサイト
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top