シマンテック、2002年11月のウイルス感染レポートを発表。Klezがトップながら感染数は着実に減少 | RBB TODAY

シマンテック、2002年11月のウイルス感染レポートを発表。Klezがトップながら感染数は着実に減少

エンタープライズ その他

 シマンテックは、2002年11月のウイルス感染被害ランキングを公表した。それによると、11月に国内でもっとも被害件数が多かったのはW32.Klez(クレズ)の538件。あいかわらずのトップながら、10月の967件より大幅に減少している。また、海外を含むワールドワイドでもKlezがトップだが、22,663件と、こちらも先月の31,140件から3割ほど減少している。

 先月に引き続いて今月も、国内・ワールドワイドともW32.Klez、W32.Bugbear@mm、W32.Opaservの3つのウイルスが上位を占めている。いずれもセキュリティホールを突いて静かに感染を広めるタイプであり、セキュリティパッチの適用を確実におこなってほしい。また、国内・ワールドワイドともNimdaが復活してきており、こちらも注意が必要だ。

 これからクリスマスシーズンということで、グリーティングカードに偽装した大量メール送信型のワームもいろいろ登場してくると思われるが、アンチウイルスソフトやメールウイルスチェックサービスなどで対策をかためていただきたい。

■月間ウイルス被害ランキング(2002年11月:国内)
順位 ウイルス名 報告件数 先月の順位
1位→ W32.Klez 538件 (1位)
2位→ W32.Bugbear@mm 123件 (2位)
3位↑ VBS.LoveLetter 108件 (6位)
4位↓ W32.Opaserv 80件 (3位)
5位↑ W32.Nimda 59件 (16位)
6位↑ W32.FunLove 43件 (18位)
7位↑ W95.Spaces.1445 40件 (9位)
8位↓ HTML.Redlof.A 38件 (7位)
9位↓ JS.Exception.Exploit 35件 (8位)
10位↓ Trojan Horse 34件 (4位)


■月間ウイルス被害ランキング(2002年11月:WorldWide)
順位 ウイルス名 報告件数 先月の順位
1位↑ W32.Klez 22663件 (2位)
2位↑ W32.Opaserv 9314件 (3位)
3位↓ W32.Bugbear@mm 8864件 (1位)
4位↑ W95.Spaces.1445 4359件 (5位)
5位↑ W32.FunLove 3669件 (10位)
6位↑ W32.Nimda 3443件 (11位)
7位↓ JS.Exception.Exploit 3334件 (4位)
8位↓ W95.Hybris 2091件 (7位)
9位↓ Trojan Horse 1960件 (6位)
10位↑ PWSteal.Trojan 1932件 (−)
《RBB TODAY》

特集

page top