NTTコムのIP電話「OCN.Phone」、ADSL新規加入者を対象に試験サービスを提供 | RBB TODAY

NTTコムのIP電話「OCN.Phone」、ADSL新規加入者を対象に試験サービスを提供

ブロードバンド その他

 NTTコミュニケーションズは12月20日より、IP網を利用した音声通話サービス「OCN.Phone(OCNドットフォン)」の試験サービス提供を開始すると発表した。同社のADSL接続サービスへの新規加入者(一部)が対象で、試験期間は来年2月末日まで。本サービスの開始は試験期間終了後の3月以降となる。

 OCN.Phoneは、VoIP機能付ADSLモデムまたはターミナルアダプタ(TA)に通常の電話機を接続するタイプのIP電話サービス。IP電話経由の通話の際にも現在の一般加入電話の電話番号をそのまま利用するもので、その際にパソコンや特別なソフトウェアの操作をする必要はない。

 試験サービスで提供されるのは、OCN.Phone加入者同士の発着信、および加入者から国内の一般加入電話への発信で、一般加入電話からの着信や緊急電話/フリーダイヤル/国際電話/携帯・PHSなどへの発着信はできない。ただしこれらの通話に関しては、本サービス開始以降徐々にサポートされる予定となっている。

 また試験サービスの対象となるのは、OCNのADSL接続サービスのうち「OCN ADSL12M(A)」および「OCN ADSLアクセス「フレッツ」プラン」への新規加入者で、サービス利用を希望する先着1万人。両コースともタイプ1(電話共用タイプ)のユーザ限定での提供となっており、試験モニタとなった場合OCN.Phoneの月額利用料や通話料、モデム・TAのレンタル料はすべて無料となるため、ユーザの負担は通常のADSLサービス利用料のみとなる。

 なおOCN.Phoneのサービス内容や料金に関しては現段階で未確定であること、先日発表されたIP電話サービスの相互接続実験に関しては、来年1月からの実施であることがあわせてアナウンスされている。
《RBB TODAY》

特集

page top