ネットレイティングス、IP電話2大陣営へのリーチは現時点で拮抗、と | RBB TODAY

ネットレイティングス、IP電話2大陣営へのリーチは現時点で拮抗、と

ブロードバンド その他

 ネットレイティングスが発表した本年10月度の調査結果によれば、IP電話事業を軸とした2大陣営のドメインへのリーチはほぼ拮抗状態にあるという。

 2大陣営とは、@nifty・so-net・OCN陣営と、BIGLOBE・hi-ho・DION・ODNの「メガコンソーシアム」のこと。ネットレイティングスによれば、IP電話事業での協業を発表したこれら2陣営のドメインの10月度の家庭からの月間リーチ(ウェブ訪問者全体に占める当該サイトの訪問者比率)は、61.2%対56.1%でほぼ拮抗しており、7ドメインの合計では「yahoo.co.jp」の72.8%に匹敵する72.5%になるという。

 これらISPの訪問者にはコンテンツサービスへのアクセスだけでなく、契約者の個人ホームページへのアクセスも含まれるため他サイトとのリーチの単純比較はできないものの、相対的に大きなリーチを得ていることに変わりはなく、調査を行った同社の萩原社長は「今後は両陣営とも、潜在的なリーチの大きさを活用するために他ISPとの協力・提携関係がさらに進むことも考えられる」とコメントしている。

 調査結果の詳細は以下のとおり。

2002年10月 大手プロバイダードメインの月間リーチ(家庭からのアクセス)

単位:%、ネットレイティングスの発表資料をもとに作成
@nifty・so-net・OCN陣営61.2
nifty.com(nifty.ne.jp、infoweb.ne.jpを含む)50.4
ocn.ne.jp32.7
so-net.ne.jp27.4
BIGLOBE・hi-ho・DION・ODN陣営(メガコンソーシアム)56.1
biglobe.ne.jp(cplaza.ne.jpを含む)42.8
dion.ne.jp25.3
hi-ho.ne.jp19.6
odn.ne.jp18.4
7ISP計72.5
参考:yahoo.co.jp72.8
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top