TTNetとパワードコム、2003年4月1日付けで合併 | RBB TODAY

TTNetとパワードコム、2003年4月1日付けで合併

ブロードバンド その他

 パワードコムと東京通信ネットワーク(TTNet)は、合併契約が基本合意に至ったと発表した。合併期日は2003年4月1日。株式の割当比率はパワードコム1株に対してTTNet0.556株となる。

 両社では、合併のメリットとして(1)ブランド力の向上(2)ワンストップショッピングとトータルコーディネイトの実現(3)サービス開発と技術研究部門の統合による開発能力の向上(4)電力系通信グループの連携強化の4点を挙げている。特に、トータルコーディネイトについては、パワードコムが持つバックボーンと、TTNetが持つISPサービスを一括して提供できる強みがあるという。

 さらに、他の電力系通信会社との連携も強化するという。これにより、各電力系通信会社はパワードコムへ回線を提供したり、各サービスの全国展開を行い、シェアの拡大を目指すとしている。

 パワードコムは、広域イーサネットを主力に企業向けに専用線を提供する通信会社。一方のTTNetは、関東地区で個人向けISPサービスを中心にサービスを展開している。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top