TikiTikiインターネット、四国の電力系NCC「STNet」を利用したADSLサービスを11月15日から受付開始 | RBB TODAY

TikiTikiインターネット、四国の電力系NCC「STNet」を利用したADSLサービスを11月15日から受付開始

ブロードバンド その他

 TikiTikiインターネット(エヌディエス運営)は、電力系NCCの一つで四国地方をサービスエリアとするキャリア「STNet」の回線を利用したADSLサービス「TikiTiki ADSLコース STプラン」を新設すると発表した。新規申込受付、コース変更は11月15日午前11時から、サービス提供開始は12月5日を予定している。

 提供される最大速度は1.5Mbps、8Mbps、12Mbpsの3種類。利用料は、1.5Mタイプが2,780円/月(30,800円/年)で、8M/12Mタイプは2,980円/月(32,800円/年)。モデムをレンタルする場合は、モデムレンタル費用として月額500円が必要となる。サービスエリアは四国地方の4県。

 さらに、TikiTikiインターネットでは、新サービスを記念してSTプラン申込者を対象に、各タイプの月額利用料を3か月間1,000円引き(年間契約は3,000円引き)とするキャンペーンを実施する。キャンペーン期間は2003年2月28日まで。

 サービスの詳細については、以下のとおり。

■TikiTiki ADSLコース STプラン
 月額費用:
  1.5Mタイプ:2,780円/月、30,800円/年
  8M/12Mタイプ:2,980円/月、32,800円/年
 初期費用:3,300円

 TikiTikiインターネットは、ADSLサービスを積極的に展開しており、今回のSTNet以外にも、NTT東西のフレッツ網、電力系NCCの中国通信ネットワーク(中国地方)、天神コアラ(福岡県福岡市)、アッカ・ネットワークスのADSL回線を利用してサービスを提供している。なお、利用料はキャリアに関係なく速度別に統一料金を採用している。
《RBB TODAY》

特集

page top