NTT-ME、12Mサービスに対応したADSLモデム内蔵ルータを発表 | RBB TODAY

NTT-ME、12Mサービスに対応したADSLモデム内蔵ルータを発表

IT・デジタル その他

NTT-ME、12Mサービスに対応したADSLモデム内蔵ルータを発表
  • NTT-ME、12Mサービスに対応したADSLモデム内蔵ルータを発表
 NTT-MEは、最大12MbpsのADSL接続サービスに対応したADSLモデム内蔵のブロードバンドルータ「MN7320」を、11月20日より販売すると発表した。価格は19,800円。

NTT-ME:MN7320


 MN7320はG.992.1 AnnexCを採用、12Mbps/8Mbps/1.5MbpsのADSL接続サービスに対応したADSLモデム内蔵のブロードバンドルータ。対応している事業者およびサービスは以下のようになっている

 フレッツ・ADSL(NTT東西):12M・8M・1.5M
 イー・アクセス:12M・8M・1.5M
 電力系(CTNet、HOTnet、HTNet、STNet):8M・1.5M

 ルータ部分の機能では、UPnPやGapNATに対応している。GapNATは、NATを使用しているLAN環境で、LAN内のPCにグローバルIPアドレスを付与できる機能。オンラインゲームサービス「Xbox Live」の利用も保証しているほか、将来的には複数のPPPoEのセッションが張れるPPPoEマルチセッションにも対応するとしている。セキュリティ機能では、NAT・IPマスカレードによる簡易的なファイアウォールのほか、パケットフィルタリングやアクセス制限も設定できる。

 また、ルータ機能をオフにして、ブリッジタイプのPPPoE対応モデムとして利用することもできるので、さまざまな接続方法に対応可能となっている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top