アイエフリサーチと北電情報システムサービス、11月より一部サービスにウィルスチェックを提供 | RBB TODAY

アイエフリサーチと北電情報システムサービス、11月より一部サービスにウィルスチェックを提供

エンタープライズ その他

 アイエフリサーチ(愛知県)と北電情報システムサービス(石川県)は11月1日より、それぞれ提供中の一部サービスにおいてウィルスメールチェックサービスの提供を開始する。

 このうちアイエフリサーチでは、「ホスティングリセラー」「取ろうよドットコム」「アイウィルドメイン管理」「@aichinet」「@gifunet」「@mienet」の会員を対象に、ユーザの送受信メールに対してウィルスメールチェックを行う。使用するウィルススキャンエンジンは日本エフ・セキュアの「F-SECURE」で、利用料(※1)は1メールあたり350円となる。

 また北電情報システムサービスでは、同社が運営する「FITWeb」のサービスのうちこれまでウィルスメールチェックサービスが未提供であった「端末型ダイヤルアップIP接続サービス(DU接続)」および「FITWeb・ADSL」にもサービス提供を開始する。トレンドマイクロのスキャンエンジンを使用してユーザの受信メールのウィルスチェックを行うもので、利用料は初期費用1,000円、月額利用料200円/1メールアカウント(※2)となっている。

※1:契約の種類によっては初期費用が発生
※2:DU接続、FITWeb・ADSLを新規申込のユーザは初期費用無料
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top