KDDI、東電の「TEPCOひかり」対応コースを新設。ホームタイプは7,900円 | RBB TODAY

KDDI、東電の「TEPCOひかり」対応コースを新設。ホームタイプは7,900円

ブロードバンド その他

 KDDIは、東京電力の提供する「TEPCOひかり」をアクセスラインとした新メニュー「DION光ファイバー「TEPCOひかり」コース」を提供すると発表した。申し込み受付は11月1日より。

 DION光ファイバー「TEPCOひかり」コースは、最大速度下り100MbpsのFTTHサービスで、個人向けの「ホームタイプ」と法人向けの「SOHOタイプ」がある。ホームタイプは、5台までパソコンを接続できて月額利用料が7,900円。一方、SOHOタイプは20台までのパソコンを接続できて月額利用料が15,900円となる。どちらのコースも、別途メディアコンバータのレンタル料(月額900円)が必要となる。初期費用は29,000円。また、KDDIマイラインも利用していると、付加サービスクーポン(300円分)が利用できる。

 サービスエリアは、東京都目黒区、大田区、世田谷区、品川区、渋谷区、新宿区、中野区、杉並区、豊島区、荒川区、板橋区、練馬区、北区、三鷹市、武蔵野市。エリアは、今年度中にも東京都江戸川区、文京区、墨田区、江東区、足立区、葛飾区、台東区、千代田区、中央区、港区に拡大される予定になっている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top