実験都市 深圳で次々生まれるベンチャー!“中華イノベーション”の実態とは? | RBB TODAY

実験都市 深圳で次々生まれるベンチャー!“中華イノベーション”の実態とは?

IT・デジタル その他
(C)NHK
  • (C)NHK
  • (C)NHK
  • (C)NHK
  • (C)NHK
【PICK UP】

 28日21時からは「NHKスペシャル 中国新世紀 第3回『実験都市 深圳~メイド イン チャイナの行方~』」がNHK総合で放送される。

 中国共産党創立から100年。社会主義イデオロギーと市場経済のバランスをはかる試行錯誤の舞台となったのが、深圳。資本主義経済の要素を段階的に導入する“実験”を繰り返した結果、かつて30万人の漁村だった深圳は「テンセント」「ファーウェイ」「DJI」など、中国経済を牽引する企業を生み出す1400万人のイノベーション都市に変貌した。今もこの街では、中国共産党の支援のもと、次世代を担う新たなベンチャー企業が次々と生まれている。

 特異な経済体制のもとで育まれる、“中華イノベーション”の実態と、それが世界に何をもたらしていくのかを見つめる。
《KT》

関連ニュース

特集

page top