フジ宮司愛海アナ、木曜劇場『推しの王子様』でドラマデビュー! | RBB TODAY

フジ宮司愛海アナ、木曜劇場『推しの王子様』でドラマデビュー!

エンタメ 映画・ドラマ
宮司愛海(フジテレビアナウンサー)(C)フジテレビ
  • 宮司愛海(フジテレビアナウンサー)(C)フジテレビ
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築(動画)※テレワーク環境を変える!参考になるデスクセットアップ※日向坂46・小坂菜緒、森七菜、吉岡里帆……注目写真集・フォトブック20選!

 15日スタートの木曜劇場 『推しの王子様』(フジテレビ系、毎週木曜22時~)第1話に、宮司愛海アナウンサーが出演することが決定した。宮司にとって今回が、初めてのドラマ出演となる。


 同ドラマは、比嘉愛未演じる主人公の日高泉美が、五十嵐航(渡邊圭祐)を理想の男性に育てるため奮闘する“逆マイ・フェア・レディ”な日々を描いたオリジナルストーリー。乙女ゲーム(女性向け恋愛ゲームの総称)を手がけるベンチャー企業「ペガサス・インク」の代表取締役社長である泉美は、4年前に起業し、最初にリリースした乙女ゲーム『ラブ・マイ・ペガサス』が異例の大ヒットを記録。『ラブ・マイ・ペガサス』は、外見から内面まですべてを泉美の理想通りに作り上げたケント様と恋に落ちるゲームで、泉美は一躍、新進気鋭の経営者としてもてはやされることになる。

 社長になる前の泉美は、地元の保険会社で働き、当時は夢もやりたいこともなく退屈な毎日を送っていた。ある時、友人から乙女ゲームの存在を知り、何気なくプレイを始めたところ一瞬で心を奪われ、泉美は人生で初めて“生きがい”と呼べるものを見つける。乙女ゲームに夢中になるあまり、仕事もゲーム会社へ転職。そこでディレクターとして働いていた光井倫久(ディーン・フジオカ)と、最高の乙女ゲームを一から作り上げるために起業することを決意し、今に至った。

 そんな同ドラマの第1話ゲストに決まった宮司が演じるのは、ドキュメンタリー番組のインタビュアー。番組では、カメラが泉美に密着し、大注目の社長・日高泉美の素顔に迫る特集を制作。宮司演じるインタビュアーは、その特集の1コーナーとして、スタジオに泉美を迎え、泉美からさまざまな話を引き出していく。アナウンサーの宮司にとって、インタビュアーは最も身近な役どころと言えるが、出演するシーンは、なんと台本にして、およそ6ページにも及ぶことに。比嘉を前に、宮司はどのような演技を見せるのか?

 宮司は初のドラマ出演について「アナウンサーが映画やドラマに出演させていただくことは度々あり、私も過去に3回ほど映画に出演させていただいたことがあります。その際はアナウンサー役で出演することが多いのですが、本作のようにセリフがたくさんある役は初めて。内容が分かってない状態でオファーをいただいた時は、どういうことをするのだろうと、ワクワク感と少し不安な気持ちでドキドキしていましたね」と心境をコメント。

 撮影の感想については「台本にはセリフ以外に、人物の動きなどが描写されているト書きがあって、役者の方は、ト書きも全部、頭に入れて、シーンを完全に把握してから現場に来ていることを目の当たりにして、本当にすごいなと改めて感じました。一方で、現場によって本当に雰囲気や決まり事が違うのだなと、普段、身を置いているスポーツの現場との違いに、一人驚いていました」と感心。

 同ドラマの見どころについては「日高社長がケント様そっくりの航に出会って育てていく、育成ゲーム的な側面もあるドラマなので、見ている方も一緒に、どのように育っていくのだろうというワクワク感を楽しめると思います。実は私も、乙女ゲームにハマっていた経験があるので、視聴者としてもいっそう、このドラマが楽しみですし、“乙ゲー好き”の方にも見ていただきたいです!また私が出演するシーンは、日高社長の背景を説明していく重要なシーンでもあります。ぜひ耳を傾けて、聞いていただければうれしいです」と語っている。
《KT》

関連ニュース

page top