非ゲーマーが、ゲーミングキーボード&ゲーミングチェアを「あえて選ぶ」理由とは? | RBB TODAY

非ゲーマーが、ゲーミングキーボード&ゲーミングチェアを「あえて選ぶ」理由とは?

IT・デジタル ネタ
非ゲーマーが、ゲーミングキーボード&ゲーミングチェアを「あえて選ぶ」理由とは?
  • 非ゲーマーが、ゲーミングキーボード&ゲーミングチェアを「あえて選ぶ」理由とは?
 さまざまな人のデスク環境を紹介するYouTubeチャンネル「デスクツアーズ」を運営する平平平平(ひらだいらへいぺい)さん。自身のリモートワーク用デスクを紹介する動画では、PC周りのアイテムからインテリアまで幅広く扱っている。



 PCゲームはプレイしないという平平さんだが、キーボードはあえてゲーミングキーボードの「Logicool G913」を使用。職場では高級キーボードの定番であるHHKBを使う人も多いが、ストロークが深すぎて合わないと感じたため選ばなかったという。薄型でキー表面の手触りがよく、なめらかに指を移動できるので快適だと話す。

 同製品はキートップをキーごとに設定した色で光らせることができるが、この機能をタイプミス対策として活用。普段から打ち間違えの多かったファンクションキーと数字キーだけ色を変えることでミスが減り、生産性が大きく向上したという。ゲーミングキーボードは実用的にできているので、ビジネスパーソンにおすすめだと魅力を語る。

 そして椅子も、ハーマンミラーなどの定番オフィスチェアではなく、AKRacingのゲーミングチェア「Pro-X V2」をあえて選択。有名なプロゲーマーがすすめていたことから、長時間椅子に座ってプレイするプロゲーマーの経験に賭けて選んでみた結果「大正解」だったという。

 同製品は取り外し可能なランバーサポートとヘッドレストが付いたモデルで、アームレストの位置や高さ調整も可能。背中をまっすぐにした姿勢のままでも首と腰をしっかり支えられるので作業時の負担が軽くなり、「デスクワークってこんなに気持ちがよかったっけ?という感じ」だと絶賛する。

 動画ではこのほかに、超ハイスペックな自作PCや頑丈さが気に入っているというキーボードスライダー、ユニークな暖炉型のファンヒーターなどが紹介されている。
《酒井麻里子》

関連ニュース

特集

page top