映画『HOKUSAI』新予告公開!柳楽優弥「北斎の生き様から勇気もらえる作品」 | RBB TODAY

映画『HOKUSAI』新予告公開!柳楽優弥「北斎の生き様から勇気もらえる作品」

エンタメ 映画・ドラマ
(C)2020 HOKUSAI MOVIE
  • (C)2020 HOKUSAI MOVIE
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 葛飾北斎の知られざる生涯を初めて描く映画『HOKUSAI』が5月28日公開決定。新予告と新ポスターが解禁された。


 代表作「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」が昨年2月に新たに刷新された新パスポートや2024年度から使用される千円札のデザインに採用されるなど、今なお愛され続ける世界的アーティスト 葛飾北斎。19世紀にヨーロッパでジャポニズムブームを巻き起こし、マネ、モネ、ゴッホ、ゴーギャンなど数々のアーティストに影響を与え、西洋近代絵画の源流となった、世界で最も有名な日本人で、米LIFE誌“この1000年で偉大な功績を残した100人”にも唯一の日本人として選ばれている。



 そんな北斎の知られざる生涯を初めて描いた同作が、新型コロナウイルスの感染拡大による丸1年の公開延期を経て5月28日公開決定。海外でも順次公開予定となっている。解禁された映像は、天才絵師・葛飾北斎(田中泯)が若かりし頃を回想するところから始まる。人気浮世絵版元(プロデューサー)蔦屋重三郎(阿部寛)に向かって「北極星にちなんでつけたんだ」と、決して動かぬ星であることが自身の名前の由縁であると真っすぐな瞳を向けて語る人物が若き日の葛飾北斎(柳楽優弥)。北斎は重三郎の後押しによって、唯一無二の独創性を手にし、筆一本を手に黙々と描き続けた絵で、誰よりも雄弁に“表現の自由”を求め、時代に抗い続けていく。

 合わせて解禁された本ポスターでは「絵で世界は変わるのか?」という、
北斎が生涯をかけて貫き通したその生き様から気付かされるような力強いキャッチコピーが目を引く。それぞれの時代を生きた北斎の人生が垣間見られるような青年期・北斎を演じる柳楽優弥、老年期を演じる田中泯に続き、蔦屋重三郎を演じる阿部寛、柳亭種彦を演じる永山瑛太、歌麿を演じる玉木宏、北斎の妻・コトを演じる瀧本美織、高井鴻山を演じる青木崇高らのキャラクタービジュアルが収められている。

 柳楽は新公開日決定について「2020年に(僕自身の作品も)延期が続いたので、少し悔しい思いもあったのですが、2021年という今だからこそ、この作品をご覧いただき、より一層、北斎の持つ力強さやパワーを感じて頂くことができるのではないかと思います」とコメント。「“目標や夢に向かって突き進んでいっていい”ということを、北斎は物凄いエネルギーを持って突き進んで証明していたのだと思うし、その生き様から勇気をもらえると思います。映画『HOKUSAI』は、皆さんの背中を押せるような作品になっていると思いますので、ぜひ劇場でご覧頂きたいです」と呼びかけている。
《KT》

関連ニュース

特集

page top