「第93回アカデミー賞」Netflixが最多16作品ノミネーション | RBB TODAY

「第93回アカデミー賞」Netflixが最多16作品ノミネーション

エンタメ 映画・ドラマ
Netflix映画『Mank/マンク』場面写真
  • Netflix映画『Mank/マンク』場面写真
  • Netflix映画『シカゴ7裁判』場面写真
  • Netflix映画『マ・レイニーのブラックボトム』場面写真
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 3月15日に発表された「第93回アカデミー賞」で、Netflixオリジナル作品が合計16作品38部門で最多ノミネートを獲得した(※日本の数値。米国では合計16作品35ノミネート)。


 デヴィッド・フィンチャー監督、ゲイリー・オールドマン主演の『Mank/マンク』は、「作品賞」「監督賞」「主演男優賞」など最多10部門ノミネートを獲得。同作は、1941年の名作映画『市民ケーン』でアカデミー賞脚本賞を受賞した脚本家“マンク”ことハーマン・J・マンキウィッツを主人公に描いた実話を基にした物語。のちの名作が生まれるまでの壮絶な舞台裏が描き出された。

 さらに、エディ・レッドメイン、ジョセフ・ゴードン=レヴィットら豪華競演の『シカゴ7裁判』が「作品賞」「助演男優賞」など6部門にてノミネートを獲得。反体制に立ち上がったクセ者「シカゴ・セブン」の裁判を描いた実話に基づく人間ドラマである同作は、ノースカロライナ映画批評家協会賞でサシャ・バロン・コーエンが助演男優賞を受賞、そして英国アカデミー賞でも作品賞にノミネートしていた。

 『マ・レイニーのブラックボトム』は、チャドウィック・ボーズマンの「主演男優賞」など、5部門にノミネート。また、トム・ハンクス主演、ポール・グリーングラス監督の『この茫漠たる荒野で』も「撮影賞」「作曲賞」など、4部門でノミネート。他にも『私というパズル』はヴァネッサ・カービーが主演女優賞、『ヒルビリー・エレジー -郷愁の哀歌-』はグレン・クローズが助演女優賞、グレン・キーン監督の『フェイフェイと月の冒険』は長編アニメーション賞に、それぞれノミネートしている。

【第93回アカデミー賞 Netflix作品ノミネート一覧】
●『Mank/マンク』(原題:『Mank』):10部門
作品賞、監督賞(デヴィッド・フィンチャー)、主演男優賞(ゲイリー・オールドマン)、助演女優賞(アマンダ・セイフライド)、撮影賞、美術賞、作曲賞、音響賞、衣装デザイン賞、メイクアップ&ヘアスタイリング賞

●『シカゴ7裁判』(原題:『The Trial of the Chicago 7』):6部門
作品賞、助演男優賞(サシャ・バロン・コーエン)、脚本賞、撮影賞、編集賞、歌曲賞

●『マ・レイニーのブラックボトム』(原題:『Ma Rainey's Black Bottom』):5部門
主演男優賞(チャドウィック・ボーズマン)、主演女優賞(ヴィオラ・デイヴィス)、美術賞、衣装デザイン賞、メイクアップ&ヘアスタイリング賞

●『この茫漠たる荒野で』(原題:『News of the World』):4部門
撮影賞、美術賞、音響賞、作曲賞

●『ヒルビリー・エレジー -郷愁の哀歌-』(原題:『Hillbilly Elegy』):2部門
助演女優賞(グレン・クローズ)、メイクアップ&ヘアスタイリング賞

●『私というパズル』(原題:『Pieces of a Woman』):1部門
主演女優賞(ヴァネッサ・カービー)

●『ファイブ・ブラッズ』(原題:『Da 5 Bloods』):1部門
作曲賞

●『ザ・ホワイトタイガー』(原題:『The White Tiger』):1部門
脚色賞

●『ミッドナイト・スカイ』(原題:『The Midnight Sky』):1部門
視覚効果賞

●『これからの人生』(原題:『The Life Ahead』):1部門
歌曲賞

●『ユーロビジョン歌合戦 ~ファイア・サーガ物語~』(原題:『Eurovision Song Contest: The Story of Fire Saga』):1部門
歌曲賞

●『フェイフェイと月の冒険』(原題:『Over The Moon』):1部門
長編アニメーション映画賞

●『愛してるって言っておくね』(原題:『If Anything Happens I Love You』):1部門
短編アニメ-ション映画賞

●『オクトパスの神秘: 海の賢者は語る』(原題:『My Octopus Teacher』):1部門
長編ドキュメンタリー映画賞

●『ハンディキャップ・キャンプ: 障がい者運動の夜明け』(原題:『Crip Camp: A Disability Revolution』):1部門
長編ドキュメンタリー映画賞

●『ラターシャに捧ぐ ~記憶で綴る15年の生涯~』(原題:『A Love Song For Latasha』):1部門
短編ドキュメンタリー映画賞
《KT》

関連ニュース

page top