ナイツ、師匠・内海桂子さんから遺された“言葉”とは? | RBB TODAY

ナイツ、師匠・内海桂子さんから遺された“言葉”とは?

エンタメ その他
(C)MBS
  • (C)MBS
  • (C)MBS
  • (C)MBS
  • (C)MBS
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 6日放送の『サワコの朝』(TBS系)には、ゲストにナイツの塙宣之と土屋伸之が登場する。


 漫才協会の副会長と常務理事という肩書を持ち「M-1グランプリ」でも審査員を務める実力派の2人。人気者のナイツの悩みは意外にも“土屋が街中で全く気付かれないこと”だという。「僕は、何をやっても大丈夫!」と、笑って話す土屋は、週刊誌の取材現場でも気付かれなかったそうで…。サワコも思わず納得した土屋の無敵な“オフ姿”とは!?

 また、一度聞いたらクセになるナイツの鉄板“ヤホー漫才”を披露。「今日は、阿川佐和子さんのことを“ヤホー”で調べてきました」から始まった内容とは!?また、笑いの裏にある“ヤホー漫才”をする楽しさと難しさについても話していく。

 さらに、漫才界のレジェンドで、昨年97歳で他界した師匠・内海桂子さんとの秘話も。弟子入りから2年間程“メイツ”と呼ばれていたと話すと、ひたすら「芸を覚えろ」と言われた師匠との日々を回想。漫才を試行錯誤し、“売れるため”にもがく日々の中、師匠から無茶苦茶に怒られた出来事、楽しかった舞台での共演、そして、師匠が2人に遺した“言葉”とは?
《KT》

関連ニュース

page top