「映画館で僕の歌が流れるなんて」!瑛人、『トムとジェリー』日本語吹替版で“初”映画主題歌! | RBB TODAY

「映画館で僕の歌が流れるなんて」!瑛人、『トムとジェリー』日本語吹替版で“初”映画主題歌!

エンタメ 映画・ドラマ
(C)2020 Warner Bros. All Rights Reserved.
  • (C)2020 Warner Bros. All Rights Reserved.
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 3月19日に公開の映画『トムとジェリー』。このほど、日本語吹替版主題歌アーティストが瑛人に決定した。


 1940年に誕生してから世代を超えて愛され続け、今年80周年を迎える同シリーズ。多才だけどお調子者でドジなネコのトムと、外見は可愛いがずる賢くて容赦ないネズミのジェリー。会えば喧嘩ばかりで常に追いかけっこを繰り広げる最強コンビが主人公。

 主題歌を担当することが決まった瑛人だが、映画の主題歌を担当するのは今回が初。楽曲は、瑛人の完全書き下ろしとなる。瑛人は、「オファーをいただいた時はびっくりしました。誰もが知っている、もちろん僕も知っている『トムとジェリー』の日本語吹替版の主題歌を担当できるなんてうれしくて、やりたーい!という気持ちになりました。映画館で僕の歌が流れるなんて信じられないです」と喜び。

 「いつもケンカしてるけどすぐ仲直りする、まさにトムとジェリーみないな関係の親友がいます。そういう関係っていいですよね。ちなみに、そいつによくいたずらを仕掛けているので僕がジェリーですね。しかも誕生80周年、というのは8(エイト)が入っていて縁を感じました(笑)」と語っている。

 映画 『トムとジェリー』は、3月19日全国公開。
《KT》

関連ニュース

page top