平手友梨奈、岡田准一から抱きしめる“力加減”を聞かれる…「10、20、50、100あるけど、どれがいい?」 | RBB TODAY

平手友梨奈、岡田准一から抱きしめる“力加減”を聞かれる…「10、20、50、100あるけど、どれがいい?」

エンタメ その他
平手友梨奈【撮影:小宮山あきの】
  • 平手友梨奈【撮影:小宮山あきの】
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 平手友梨奈が、2月2日放送の『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系)に出演。同じくゲストに来ていた岡田准一の素顔を暴露した。


 岡田の主演映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』』でヒロインとして出ている平手。すると彼女は、岡田の悩みとして「『(人を)ギュッと抱きしめられない』のが悩みだと言っていた」と暴露。どうやら彼は格闘技をやっているせいで、力が制御できず、普通にハグすることができないもよう。

 実際、同作でも岡田が平手を助けようと、抱きしめたまま高いところから一緒に落ちるシーンがあるのだとか。すると岡田は、「どのぐらいの力で絞めたら平手さんが大丈夫なのか」考えていたと回顧。これを聞いた平手は「“絞めたら”じゃない!」と笑った。

 ちなみにそのシーンの撮影前、平手は岡田から抱きしめる力の加減として「10、20、50、100あるけど、どれがいい?」と聞かれたそう。自分は耐えられるほうだと判断した平井は「50」でやってもらったのだが、岡田から「じゃ100いく?」と追加で聞かれたときは「いや大丈夫です」ときっぱり断ったと振り返っていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top