三浦春馬さんの熱量伝わる場面も......主演作『天外者』ウェブ限定動画公開 | RBB TODAY

三浦春馬さんの熱量伝わる場面も......主演作『天外者』ウェブ限定動画公開

エンタメ 映画・ドラマ
(C)2020 「五代友厚」製作委員会
  • (C)2020 「五代友厚」製作委員会
  • (C)2020 「五代友厚」製作委員会
  • (C)2020 「五代友厚」製作委員会
【PICK UP】※これが、できるYouTuber・クリエイターのデスク環境だ※絶対欲しい!IKEAで見つけた昇降デスク!※今週のエンジニア女子

 三浦春馬さんが主演を務める映画『天外者』が12月11日に公開される。このほど、ウェブ限定動画が3本解禁された。


 『天外者』は、故・三浦春馬さんが五代友厚を演じる作品。大胆な発想と行動力、そして冷静かつ緻密さと優しさを持つ、ミステリアスでさえある人物像をかつてない迫力と重厚な演技で体現している。舞台は江戸末期。新しい時代の到来を敏感に察知した若き2人の青年武士が全速力で駆け抜ける。五代才助(後の友厚、三浦春馬)と坂本龍馬(三浦翔平)。2人はなぜか、大勢の侍に命を狙われている。

 五代は激しい内輪揉めには目もくれず、世界に目を向けていた。そんな折、遊女のはる(森川葵)と出会い「自由な夢を見たい」という想いに駆られ、誰もが夢見ることのできる国をつくるため坂本龍馬、岩崎弥太郎(西川貴教)、伊藤博文(森永悠希)らと志を共にしていく。

 公開されたのは、「約束編「決意編」「友情編」の3つ。「約束編」では、はる(森川)の手を取りながら、「自由になったら何がしたい?」と五代(三浦春馬)が問う。これに、「2人で海が見たい」と答えるはる。はるの涙をこらえた笑顔が印象的で、最後は「俺について来い」と熱弁する五代のシーンで終わる。

 「決意編」は、五代友厚の父(生瀬勝久)が囲碁を打ちながら「あいつの言うことは奇想天外」と言い放つシーンから始まる。「刀で人を殺しても、世の中は変わりやせん」という力強いセリフの後ろで、五代が自らの髷を刀で切り落とす決意が見られるシーンとなっている。

 「友情編」では、士気高々に語る五代友厚のシーンから始まり、若かりし頃の伊藤博文(森永悠希)が「あなたがみな皆を引っ張るんじゃ」と憔悴した様子の岩崎弥太郎(西川)を鼓舞する場面や、五代友厚・坂本龍馬(三浦翔平)・岩崎弥太郎・伊藤博文が鍋を囲みながら日本の未来のために志を共にする場面が映し出されている。





《KT》

関連ニュース

特集

page top