吉岡里帆、幼少期に「ギャン泣き」するぐらい怖かったものを告白「今もちょっと……」 | RBB TODAY

吉岡里帆、幼少期に「ギャン泣き」するぐらい怖かったものを告白「今もちょっと……」

エンタメ 映画・ドラマ
吉岡里帆【撮影:こじへい】
  • 吉岡里帆【撮影:こじへい】
  • 仲野太賀【撮影:こじへい】
  • 吉岡里帆【撮影:こじへい】
  • 寛一郎【撮影:こじへい】
  • 吉岡里帆・幼少期の頃の写真【撮影:こじへい】
  • 佐藤快磨監督【撮影:こじへい】
  • 吉岡里帆【撮影:こじへい】
  • 佐藤快磨監督、吉岡里帆、仲野太賀、寛一郎【撮影:こじへい】
 俳優の仲野太賀、寛一郎、女優の吉岡里帆が11日、都内で行われた出演映画『泣く子はいねぇが』の舞台挨拶付き特別上映会に、メガホンを取った佐藤快磨監督とともに登壇した。

 秋田県・男鹿半島の伝統文化「男鹿のナマハゲ」から、“父親としての責任”“人としての道徳”というテーマを抽出し、親になることからも、大人になることからも逃げてしまった主人公が、過去の過ちと向き合い、不器用ながらも青年から大人へ成長する姿を描いた本作。

 仲野が演じるのは、大人にも父親にもなる覚悟がない主人公のたすく。「この脚本だったら今僕が出来る最大限の等身大を遺憾なく発揮できると自信をもって臨ませてもらいました。正直、自信作だと思っています」と胸を張った。

 そんなたすくに限界を感じる妻・ことねを演じる吉岡は、今作が初の母親役。「自分が母親になったことがないので、本当に0からスタートする感覚がすごくありました」と述べ、「母親になるってこんなに苦しくて、こんなに大変なことなんだなと役を通して体験しました。小さな赤ちゃんを撮影の中で抱っこさせていただいて『やっぱりこの子を守らなきゃ!』と。赤ちゃんのことをずっと考えていました」と振り返った。

 寛一郎はたすくの親友・志波を演じる。仲野との関係を「男鹿に入ってからホテルに温泉があったので、ほんとに毎日一緒に入っていた。風呂に入りながら『次の日の撮影どうしようか』と、裸のままセリフを合わせてみたりしていました(笑)」と明かした。

 また、「大人になること」「親になること」を描いた本作のテーマにちなんで、登壇キャストの子供時代の写真が公開される場面も。

 吉岡の写真は、2歳ごろに祖父と訪れた東映太秦映画村でポニーにエサを与えている姿を撮影した一枚。寛一郎から「この頃から吉岡さんの面影がありますね。これ最新の写真集に入ってるんですか?(笑)」と冗談を飛ばされると、「差し込みで入れてもらおうかな(笑)」と微笑んだ。

 さらに、子どもの頃に怖かったものとして「お化け屋敷」を挙げた吉岡は、「あんなのギャン泣きですね。ギャン泣き。何なら今も普通にちょっと怖い。あんまりお化け屋敷は得意じゃないです」と告白していた。

 映画『泣く子はいねぇが』は11/20(金)より、新宿ピカデリー他全国ロードショー。
《こじへい》

関連ニュース

page top