戦前~戦後の貴重な写真をAI技術&対話によりカラー化! | RBB TODAY

戦前~戦後の貴重な写真をAI技術&対話によりカラー化!

エンタメ その他
写真提供:共同通信社
  • 写真提供:共同通信社
  • 写真提供:共同通信社
  • 戦前~戦後の貴重な写真をAI技術&対話によりカラー化!
  • 撮影:尾木正己
  • 撮影:尾木正己
  • 写真提供:朝日新聞社
  • 写真提供:朝日新聞社
 光文社と東京大学の共同企画により、7月16日に刊行される新書『AIとカラー化した写真でよみがえる戦前・戦争』(庭田杏珠、渡邉英徳)が話題だ。発売前から5千部の増刷が決定しており、すでに累計1.5万部を突破している。


 著者である広島出身の庭田氏と渡邉教授は、AI(人工知能)技術で自動カラー化した写真をもとに、対話の場を生み出す「記憶の解凍」プロジェクトに取り組んでいる。同プロジェクトは、庭田氏が高校在学中の2017年にスタート。「記憶の解凍」においては、AI技術でモノクロ写真を自動カラー化したのち、戦争体験者と直接対話。SNSで寄せられたコメント、当時の資料などをもとに手作業で色彩が補正されている。

写真提供:共同通信社
写真提供:共同通信社

撮影:尾木正己
撮影:尾木正己

写真提供:朝日新聞社
写真提供:朝日新聞社

 この過程において、モノクロ写真の印象が大きく変化。遠い昔の戦争が現在の日常と地続きになり、写し込まれたできごとにまつわる対話が創発するという。同書では、こうした研究成果をまとめ。戦前の広島・沖縄・国内の様子や、開戦から太平洋戦線、沖縄戦・空襲・原爆投下、そして戦後の復興など、個人提供による貴重な写真や、朝日新聞社・共同通信社提供の写真、アメリカ軍が撮影した戦場写真など約350枚がカラー化され、収録されている。
《KT》

関連ニュース

page top