松本人志、渡部建の謝罪に疑問「相方にもう少し言葉があるのでは?」 | RBB TODAY

松本人志、渡部建の謝罪に疑問「相方にもう少し言葉があるのでは?」

エンタメ その他
松本人志  (Photo by Chung Sung-Jun/Getty Images)
  • 松本人志  (Photo by Chung Sung-Jun/Getty Images)
 ダウンタウンの松本人志は14日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、不倫騒動で活動自粛を発表したアンジャッシュ・渡部建について、「まず相方に謝って欲しい」と苦言を呈した。

 渡部は複数の女性と不倫をしていたことが「週刊文春」で報じられ、芸能活動自粛を発表。12日には相方の児嶋一哉が渡部に代わってラジオ番組に出演し、涙ながらに渡部の行動を謝罪した。

 松本は、渡部が所属事務所を通じて発表したコメントで「妻(佐々木希)にも説明し、謝罪しました」としているものの、相方の児嶋については言及がない点に違和感を表明。「この人はピン芸人じゃないから。事後処理しなくてはいけないのは全部相方なんです」とした上、「嫁に申し訳ないと言えば世間に許してもらえるとか考えているのか分からないけど、コンビってそういうもんだし、学生時代から知り合って、奥さんより長い人生を一緒にやってきたわけですから。誰よりも先に相方にもう少し言葉があるのではと思います」と語った。

 また、「週刊文春」の記事についても「多目的トイレのどこかまで言う必要があったのか。面白がって利用しようというやからが出てこないとは限らないし、ああいうトイレは1人で用を足せない人のためでもあるが、複数で出てきたら変な目で見られるかもしれない」と疑問を示した。さらに、同誌による芸能スキャンダルのスクープが相次いでいる点についても、「文春の取材能力は抜群ですから、もっと社会に役立つことに使って欲しい。ここままやと宝の持ち腐れ」と述べた。
《角谷》

関連ニュース

page top