ぺこぱ松陰寺、吉本の「兄さん」と呼ぶ風習が「気持ち悪い」 | RBB TODAY

ぺこぱ松陰寺、吉本の「兄さん」と呼ぶ風習が「気持ち悪い」

エンタメ その他
ぺこぱ【写真:竹内みちまろ】
  • ぺこぱ【写真:竹内みちまろ】
 ぺこぱが、5日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に出演。松陰寺太勇が若手芸人への不満を爆発させた。


 いわゆる「第7世代」との共演機会が多い2人。そこで若手芸人と話していると、「昔は苦労した」といった思い出話を聞くことがあるそう。だが松陰寺は「泥水を飲んでいる量が違う」と、自分たちのほうが苦労してきたと主張。「四千頭身は、おちょこ1、2杯の泥水だが、僕らはピッチャー2杯いっている」と語った。

 昨年6月、オスカープロモーションからサンミュージックプロダクションに移籍した2人。ここで松陰寺は「吉本の芸人さんは食えなくても、縦や横のつながりで、ご飯をおごってくれる先輩がいる」としながら、オスカーの時は売れている先輩が誰もいなかったと愚痴。

 松陰寺の不満はさらに続き、「吉本の人は先輩のことを“兄さん”と呼ぶじゃないですか。あれ、ちょっと気持ち悪いですね」と直球批判。これには夏菜は「めっちゃ毒舌!」、坂上忍も「いいね!いいね!」と驚き。

 ダウンタウンも大笑いする中、松陰寺は「(実際は)兄弟じゃないじゃないですか」と述べながらも、「本当は僕も『兄さん』とか言いたいけど、でも言えない」と、吉本の伝統をうらやまむ気持ちも打ち明けていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top