テレワーク増加で悪質・強引な回線契約の勧誘に注意 | RBB TODAY

テレワーク増加で悪質・強引な回線契約の勧誘に注意

IT・デジタル その他
 新型コロナの感染を防ぐためテレワークに切り替えている会社も多いことだろう。当然自宅の固定回線やWi-Fiを使う時間も増えていると思うが、こうした状況に便乗した勧誘や詐欺も増えているようだ。

 弊社は3月中旬から在宅ワークが推奨されているが、実際にしつこい勧誘電話に遭遇している。以下に紹介するのはその一部である。

相手:KDDIの関連の会社のものです。お宅の電話回線が解約されてインターネットのサービスのほうに移動しています ※インターネットの請求と1本化されているっていうのを言いたいのか。だいぶ前からそうですがわからないフリ
相手:契約者様のいるお時間を教えてください、またご連絡します
スタッフ:戻り次第お電話するので番号教えてください
相手:電話が殺到していてかかりにくいのでこくらからかけます
スタッフ:それでもいいから教えてください(何度も繰り返す
スタッフ:番号は教えられないのでしょうか?社名を教えてください
相手:KDDIパートナーズです

その後も電話番号を教えてくれず電話を切る

 編集部では、後日KDDI広報に確認をとったが以下の返事をいただいた。「KDDIパートナーズは実在しますが、勧誘電話をかけることはございません」とのこと。なお、KDDIやKDDIの代理店/工事店を名のる悪質な行為については、こちらのページを参照。「不審なお電話にはお出にならない、情報を伝えない、ということにお気をつけいただければ」としている。

 なお、NTT東日本もNTT西日本もサイトで強引なセールスに注意喚起している。(NTT東日本:https://www.ntt-east.co.jp/info/detail/kanyu.html、NTT西日本:https://www.ntt-west.co.jp/basic/attention/fake.html)
《RBB TODAY》

関連ニュース

page top