実はネガティブ?!松岡修造、メンタルの弱さに苦悩した現役時代を吐露 | RBB TODAY

実はネガティブ?!松岡修造、メンタルの弱さに苦悩した現役時代を吐露

エンタメ その他
写真提供:MBS
  • 写真提供:MBS
  • 写真提供:MBS
  • 写真提供:MBS
  • 写真提供:MBS
  • 写真提供:MBS
  • 写真提供:MBS
 2月22日放送『サワコの朝』(MBS・TBS)には、ゲストに松岡修造が登場する。


 熱血キャラがすっかり定着している松岡だが、みんなを明るくする表の顔とは裏腹に、自分自身は“ネガティブ”だと語る。「“できない”や“無理だよ”は、一番最初にやってくる。一言で言うと自信がなかった」と切り出すと「(テニスの)ボレーでミスしたら、自分にナイスショット!と言っていた」と、メンタルの弱さに苦悩した現役時代を吐露。さらに、「テニスは、決断しなきゃいけないスポーツ」と説明し、強くなるために取り組んだ“決断力を培う為のトレーニング”やメンタルの鍛え方を明かす。

 一方、ジュニアの育成にも尽力する松岡は、18歳以下の全国トップレベルの男子選手を対象とした強化育成合宿の代表を務めている。番組では、11歳からその合宿に参加していた錦織圭選手との厳しい練習風景のVTRを紹介しながら、当時のエピソードも語っていく。

 『サワコの朝』(MBS・TBS)は、2月22日7時30分から放送。
《KT》

関連ニュース

page top