【1月の中古スマホランキング】販売は3キャリアともにiPhone 7が首位! | RBB TODAY

【1月の中古スマホランキング】販売は3キャリアともにiPhone 7が首位!

IT・デジタル スマートフォン
写真はイメージです(価格は現在のものではありません)
  • 写真はイメージです(価格は現在のものではありません)
 中古スマホの販売などを行うゲオホールディングスが、1月の中古スマホ人気ランキングを発表した。販売部門では、3キャリアともに、iPhone 7が首位を獲得。12月に好調だったドコモ「Xperia XZ」「Galaxy Feel」は1月も好調に推移した。


■販売
・docomo
【1位】Apple iPhone7 128GB 2016年9月16日発売 32,800円
【2位】ソニーモバイル Xperia XZ 2016年11月2日発売 12,800円
【3位】サムスン Galaxy Feel 2017年11月10日発売 9,980円

・au
【1位】Apple iPhone7 32GB 2016年9月16日発売 18,800円
【2位】Apple iPhone7 128GB 2016年9月16日発売 24,800円
【3位】Apple iPhone8 64GB 2017年9月22日発売 34,800円

・SoftBank
【1位】Apple iPhone7 32GB 2016年9月16日発売 19,800円
【2位】Apple iPhone8 64GB 2017年9月22日発売 32,800円
【3位】Apple iPhone7 128GB 2016年9月16日発売 24,800円

・その他
【1位】Apple iPhone7 128GB 2016年9月16日発売 36,800円
【2位】Apple iPhone7 Plus 128GB 2016年9月16日発売 36,800円
【3位】富士通 ARROWS M04 2017年7月20日発売 11,800円

 iPhone 7が席巻したキャリア版は、近年では比較的少ない容量といえる32GBが人気を集めた。2万円を切る購入しやすい価格であることに加えて、クラウドサービスも普及しているので、これらを駆使すれば特段不自由することもなさそうだ。ゲオホールディングスの高橋氏は今後の動向について、「3月には新型iPhoneの発表があるという噂がありますので、発表の内容次第では新品端末の価格が下がることが予想され、中古端末のランキングもラインナップが変わる可能性があります」としている。

 高橋氏がいう新型iPhoneとは、「iPhone SE」の後継機「iPhone SE2」。海外メディアを中心に発売が噂されている同端末だが、一部では新型コロナウイルスによる工場稼働遅れにより、発表・発売が延期されるとの話もある。同モデルは“廉価版”であることが予想されるため、価格帯がバッティングする中古端末の販売状況への影響が注目される。続いては買取部門を見ていこう。

■買取

・docomo
【1位】サムスン GALAXY A20 2019年11月1日 5,500円
【2位】Apple iPhone 7 128GB 2016年9月16日 15,000円
【3位】Apple iPhone 8 64GB 2017年9月22日 17,000円

・au
【1位】Apple iPhone 7 128GB 2016年9月16日 10,000円
【2位】Apple iPhone 8 64GB 2017年9月22日 16,000円
【3位】Apple iPhone 7 32GB 2016年9月16日 8,000円

・SoftBank
【1位】Apple iPhone 7 128GB 2016年9月16日 10,000円
【2位】Apple iPhone 8 64GB 2017年9月22日 14,000円
【3位】Apple iPhone 7 32GB 2016年9月16日 8,000円

 年始に特別価格で販売されていたドコモの「GALAXY A20」は1月も2位にランクインする好調ぶり。auでは「Xperia 8」が6位にランクインしているのだが、高橋氏によればこれも特別価格にて販売されていた影響だという。

 それ以外は、おおむね変わらないランキング結果。高橋氏によれば「『iPhone7 128G』が買取数としては上位にランキングしていますが、数量のピークは過ぎていると予測しています。3月には新型iPhoneの発表があるという噂がありますので、発表の内容次第では、販売編同様に、買取編の中古端末ランキングでもラインナップが変わる可能性があります」とのこと。買取も新型iPhone発売に左右されるとの見方が強いようだ。
《KT》

関連ニュース

page top