名作『耳をすませば』実写化決定!清野菜名&松坂桃李がダブル主演 | RBB TODAY

名作『耳をすませば』実写化決定!清野菜名&松坂桃李がダブル主演

エンタメ 映画・ドラマ
(c)柊あおい/集英社 (c)2020『耳をすませば』製作委員会
  • (c)柊あおい/集英社 (c)2020『耳をすませば』製作委員会
 柊あおい原作の『耳をすませば』の実写映画化が決定。清野菜名と松坂桃李がダブル主演を務めることも発表された。


 同作は、少女コミック誌『りぼん』(集英社)にて1989年に発表。読書が大好きな中学生・雫が、夢に向かって生きる聖司に想いを寄せていく姿が描かれる。1995年には、スタジオジブリがアニメ映画化。大ヒットを果たした。

 今回の実写化にあたっては、雫と聖司の物語に10年後のオリジナルストーリーがプラス。恋も夢も中途半端なまま大人になった雫だったが、“あの頃の気持ち” を取り戻す様も描かれていく。大人になった“今”の雫を演じるのは、清野菜名。そして、その雫が想いを寄せる大人になった“今”の聖司を演じるのは、松坂桃李。監督は、平川雄一朗が務める。

 原作の世界観を忠実に再現するあの頃(過去)と、オリジナルで加わる10年後(現在)が二重構造で描かれる実写化作品。中学生キャストはじめ他キャストは後日発表予定となっている。

 主演が決まった清野は、「誰もが大好きな名作『耳をすませば』の世界に雫として存在出来ること、とても嬉しく光栄に思っております」と喜び。「あれから10年。雫はどのようにして大人になっていったのか、彼女の思いに寄り添いながら、雫の持っているピュアな心を大切に、丁寧に演じていきたいと思っています」と意気込んでいる。

 一方の松坂は同作について「学生生活の日常にある歯痒さや微妙な距離感で感じる甘酸っぱさ。あの頃にしか感じられないものが詰まっていて素敵だなと思っていました。あの物語の“その後”を想像した方もいらっしゃるのではないでしょうか。僕もそうでした」と語り、「月日を経て描かれる“その後”の物語に関われることを嬉しく思います」と続編主演を喜んでいる。

 映画『耳をすませば』は、2020年9月18日全国公開。
《KT》

関連ニュース

page top