橋本環奈がミニスカの制服姿で登壇「懐かしく感じます」 | RBB TODAY

橋本環奈がミニスカの制服姿で登壇「懐かしく感じます」

エンタメ 映画・ドラマ
橋本環奈【写真:竹内みちまろ】
  • 橋本環奈【写真:竹内みちまろ】
  • 橋本環奈【写真:竹内みちまろ】
  • 小関裕太【写真:竹内みちまろ】
  • 中村獅童【写真:竹内みちまろ】
  • 瀬戸利樹【写真:竹内みちまろ】
  • 映画「シグナル100」完成披露会見【写真:竹内みちまろ】
  • 中村獅童、橋本環奈【写真:竹内みちまろ】
  • 映画「シグナル100」完成披露会見【写真:竹内みちまろ】
 映画「シグナル100」(1月24日公開)の完成披露会見が9日、都内にて開催され、主演の橋本環奈、共演の小関裕太、瀬戸利樹、中村獅童が登壇した。

 同作は、宮月新、近藤しぐれによる同名コミックの映画化作品。担任教師の下部(中村獅童)によって「自殺暗示催眠」にかけられてしまった聖新学園高校3年C組の生徒たちは「遅刻をする」「スマホを使う」「涙を流す」など、普段何気なく行っていた行為が催眠の発動シグナルとなり、自殺へと導かれる。最後に生き残った者だけが催眠から解かれるという下部の言葉によって、教室は生き残りをかけた狂気のサバイバル会場と化していく。

 優等生の樫村を演じる橋本は、役衣装であるミニスカートの制服姿で登壇。制服姿でイベントに出演することは「なかなか、ないです」といい、小関が「すごく懐かしいです。ちょうど1年前くらいに撮影していたので」と声を弾ませると、橋本も「懐かしく感じます」と笑顔を見せた。

 劇中では、橋本演じる樫村と中村が演じる下部のガチガチのバトルが描かれるが、中村は、橋本について、「あんなすごい“目力”で僕に向かってきた女優さんは橋本さんだけですね。全身で芝居を受け止めないと負けるなと思いました。すばらしい女優さんだなと思いました」と絶賛した。

 「主演という立場で周りを引っ張っていかなければならないときもあったのでは?」と尋ねられると、橋本は「ぜんぜん、引っ張っていなかったです」と謙遜気味に言葉に。すると他の登壇者たちから一斉に「引っ張っていましたよ」との声があがった。中村は「監督とカメラマンがけんかをするのですよ。監督が『こういう絵を撮りたい』と言うとカメラマンが『わかってんだよ』と。そんな中、橋本さんは本当に現場をよく引っ張った」と回顧。「(けんかをすることは)真剣なものづくりの中ではよくあることなのですが、さすがは橋本さん、その中でみんなをグッと引っ張って、偉いなと思いました」とも。

 小関は「(30人以上いる)生徒全員の名前を座長として初日から覚えていたのは、見習うべきだなと感じました」と橋本に感心したエピソードを振り返った。

 また、フォトセッションには生徒役のキャスト30人も参加し、総勢34名で行った。
《竹内みちまろ》

関連ニュース

特集

page top