宮沢りえ、「ぼくらの7日間戦争」30年越しの再起用に驚き「夢にも思ってなかった」 | RBB TODAY

宮沢りえ、「ぼくらの7日間戦争」30年越しの再起用に驚き「夢にも思ってなかった」

エンタメ 映画・ドラマ
宮沢りえ【撮影:こじへい】
  • 宮沢りえ【撮影:こじへい】
  • 宮沢りえ【撮影:こじへい】
  • 北村匠海【撮影:こじへい】
  • 芳根京子【撮影:こじへい】
  • 宮沢りえ【撮影:こじへい】
  • 北村匠海【撮影:こじへい】
  • 北村匠海、芳根京子、宮沢りえ、村野佑太監督【撮影:こじへい】
 女優の宮沢りえが13日、都内で行われたアニメ映画「ぼくらの7日間戦争」の初日舞台挨拶に俳優の北村匠海、女優の芳根京子と共に登場した。

 当時15歳の宮沢が、大人たちに抵抗する快活な学級委員・中山ひとみを演じて女優デビューを飾った1988年公開の実写映画「ぼくらの七日間戦争」。今作で描かれるのは、その実写映画版から30年が経過した世界。2020年の北海道を舞台に、新世代の少年少女たちが繰り広げる新たな「7日間戦争」において、宮沢は大人の女性へと成長した中山ひとみを再び演じる。

 宮沢は「30年後に『中山ひとみ』という役を演じるとは、夢にも思っていませんでした」としみじみ。作品が長らく多くの人から愛されていることに触れた上で「デビューの作品が『ぼくらの七日間戦争』で本当に良かったと思います」と喜び、「今回、本当にささやかな役ですが、参加させていただきました。この青春の空気を多くの人に感じていただけたら良いなと思います」と微笑んだ。

 今作を演じるにあたって、実写映画版を鑑賞したという北村と芳根。北村は「まさか15歳とは思えないというか。今22歳の僕からしても、『大人 対 子供』という構図のはずが、宮沢さん含む子供たちがすごく大人に見えて不思議な感じでした」と感想を述べ、「時代は移り変わりますけど、そのバトンを受け継げて良かったです」と喜びをあわらにした。一方の芳根は「やっぱりこうやって大人の階段を登っていくんだなと。それに、今の時代にはない力強さみたいなものを感じて羨ましく思いました」と作品の魅力を語った。

 30年前の思い出を聞かれると宮沢は「演技の経験がなかったので、映画の撮影に入る前に2泊3日で合宿みたいなことをしたんですね。その時にエチュードみたいなことをやったんですけど、それが苦痛で苦痛で……」と苦笑い。

 「もうほんとにいつここから抜け出せるんだろうってくらい、演技に対する不得意感や劣等感があって苦労しました」と振り返り、「でも現場に入ってみると、たくさんのスタッフの方たちのエネルギーに押されて、出来ないと思っていたことがどんどん出来ていくっていう、演じることの奇跡みたいなことをなんとなく感じた記憶があります」と懐かしそうに目を細めた。

 映画「ぼくらの7日間戦争」は、12月13日(金)より全国ロードショー。
《こじへい》

関連ニュース

page top