中条あやみ、金田一ドラマ「悪魔の手毬唄」で国民的歌手役に! | RBB TODAY

中条あやみ、金田一ドラマ「悪魔の手毬唄」で国民的歌手役に!

エンタメ 映画・ドラマ
(C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
 フジテレビ系で12月21日放送のスペシャルドラマ『悪魔の手毬唄~金田一耕助、ふたたび~』にて、中条あやみが国民的歌手役を演じることが分かった。


 同ドラマは、ミステリー&ホラー小説界の巨匠、横溝正史の金田一耕助シリーズ『悪魔の手毬唄』が原作。怨念めいた村で次々に血で血を洗う争いが起きていく様が描かれる。主演・加藤シゲアキ演じる金田一耕助がずばぬけた洞察力と明晰な頭脳を武器に名推理をみせる様に注目の一作だ。

 中条は同ドラマで、物語の舞台、鬼首村出身の国民的人気歌手、大空ゆかり役に決定。“グラマーガール”の愛称で親しまれる大空は、リサイタル公演のために鬼首村へ帰郷するが、時を同じくして忌まわしい殺人事件が発生してしまう。実は、ゆかりは20年前に温泉旅館・亀の湯の主人、青池源次郎を殺害した恩田幾三の娘であり、人殺しの子として村を追われるという悲しい過去を背負っていた。20年前の事件と今回の事件に関連性はあるのか?そして、ゆかりの帰郷は事件発生に何かしら影響しているのか?

 今作出演にあたり中条は「私自身、金田一耕助シリーズのファンだったので、物語の中に入れることをとても光栄に思っています」と喜び。自身の役柄については「スターとしての華やかさを持つ一方で、消したい過去を背負った闇のある人物でもあるので、その両方が出せればいいなと思います」と語り、「ゆかりのファッションがとてもすてきなんです。時代を感じるレトロなお洋服をたくさん着させていただきまして。“これぞ金田一!”という独特な世界観にスッと入っていける衣装だなと思いました」と独特の衣装についても触れた。

 視聴者に向けては「クリスマスを控えたハッピーな時期に、とても怖いドラマが放送されるわけですが、女性の強さや愛を描く物語でもあると思っています。金田一の世界観に思い切り浸っていただいて、ゾッとしながら謎解きを一緒に楽しんでいただければうれしいです」と呼びかけている。

 『悪魔の手毬唄~金田一耕助、ふたたび~』(フジテレビ系)は、12月21日21時15分から放送。
《KT》

関連ニュース

page top