上白石萌音、2020年1月TBSの新ドラマで初主演! | RBB TODAY

上白石萌音、2020年1月TBSの新ドラマで初主演!

エンタメ 映画・ドラマ
(C)TBS
  • (C)TBS
  • (C)円城寺マキ/小学館
 TBSは、2020年1月スタートの新ドラマとしてで『恋はつづくよどこまでも』(毎週火曜22時~)を放送すると発表した。


 同ドラマの原作は、小学館『プチコミック』にて掲載されていた円城寺マキによる同名漫画。ある日、偶然起きた出来事で運命の男性となる医師と出会った主人公・佐倉七瀬。それから5年、彼を追い看護師となった七瀬は、憧れのドクター・天堂浬とついに再会する。しかし、天堂は七瀬が思い描いていた人物とはまるで別人だった。超ドSな天堂に憤慨しつつも、仕事に恋にまっすぐな七瀬は、その根性で次々に起こる困難に食らいついていく。そんな七瀬を思わず応援したくなる、見ていて元気が出てくるストーリーとなっている。

 主人公の新米ナース・佐倉七瀬を演じるのは、GP帯連続ドラマ初主演となる上白石萌音。上白石は今作が初のナース役。一方、七瀬が一目ぼれをした超ドSなドクター・天堂浬を演じるのは佐藤健。佐藤が今作で演じる天堂は、容姿も仕事の腕もピカイチで周りの誰からも一目置かれるエリート医師。患者に対しては真摯に向き合うが、完璧主義者で仕事ぶりは冷徹なまでに完璧。さらにストイックであるがゆえ周囲から“超ドS”と見られ、「魔王」と恐れられている存在だ。なお、上白石と佐藤は今作が初共演。

 上白石は今作について「ラブコメディではありますが、人の心の動きがリアルで丁寧に描かれているなと台本を読んで思いました」と感想をコメント。佐藤健演じる天堂については「健さんの超ドSなキャラは、視聴者のみなさんが楽しみにしていると思います。ぜひ私の役にご自身を重ねてください!(笑) 」と語った。

 一方の佐藤は、「天堂は、いわゆるサディスティックというだけではなくて、日々命と向き合わなくてはならない医療の現場に身を置いており、どうしてもストイックにならざるを得ない...その結果、自分にも人にも厳しくしすぎてしまうところがある人物なのかなと捉えています」と自身の演じる天堂について分析。初共演の上白石については「お会いする前からとても声が素敵な方だなという印象でした。例えばセリフに多少乱暴なセリフがあったとしても、上白石さんが演じたら嫌に聞こえない、愛されるキャラクターになるだろうなって。そういった部分が今回のドラマで も出てくるといいなと思います」と印象を語った。

 ドラマ『恋はつづくよどこまでも』は、TBS系にて2020年1月スタート。毎週火曜22時から放送される。
《KT》

関連ニュース

page top