ハリウッド映画祭上映作品『good people』5年の月日を経て公開決定 | RBB TODAY

ハリウッド映画祭上映作品『good people』5年の月日を経て公開決定

2014年に日本映画として初めて「HOLLYWOOD FILM FESTIVAL」にて上映され話題となった『pancakes』が、5年の月日を経て『good people』というタイトルに生まれ変わり、12月7日より新宿バルト9ほかにて全国公開となることが決まった。

エンタメ 映画・ドラマ
(C)2019 good people production All Right Reserved.
  • (C)2019 good people production All Right Reserved.
  • (C)2019 good people production All Right Reserved.
  • (C)2019 good people production All Right Reserved.
  • (C)2019 good people production All Right Reserved.
 2014年に日本映画として初めて「HOLLYWOOD FILM FESTIVAL」にて上映され話題となった『pancakes』が、5年の月日を経て『good people』というタイトルに生まれ変わり、12月7日より新宿バルト9ほかにて全国公開となることが決まった。


 同作は、シェフになる夢を諦め、無力になっているビリー、自分に自信がないという恐怖心から夢を諦めたミキ、そして、理想の彼女を追い求める矛盾だらけの男・ケイレブという国籍も性別も違う3人が、現代の東京を舞台に、無力感に包まれながらも、もがき続ける様を描いた作品。

 主演は園子温監督作『HAZARD』で知られるジェイ・ウェストが務め、共演にソフトバンクCM「白戸家」シリーズなどに出演するダンテ・カーヴァー、ミキ役に今宿麻美。ほか、芦名星、玉山鉄二、岡田義徳、中村ゆりらが作品を彩る。監督は、90年代にハリウッドで映像を学び、帰国後はミュージックビデオや、ファッション系の映像、ショートフィルムやCMなど数々の映像を手がけてきた渋谷靖が務めている。

 『good people』は、12月7日より新宿バルト9ほかにて全国公開。
《KT》

関連ニュース

特集

page top