『アナ雪2』日本版エンディング歌う中元みずき、大阪・光の饗宴2019開宴式で生歌披露 | RBB TODAY

『アナ雪2』日本版エンディング歌う中元みずき、大阪・光の饗宴2019開宴式で生歌披露

『アナと雪の女王2』が11月22日に全国公開となる。このほど、11月4日に開催された「大阪・光の饗宴2019開宴式」にて、同作日本版エンディングを担当する中元みずきが登場。メイン楽曲「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに」を生歌披露した。

エンタメ 音楽
『アナ雪2』日本版エンディング歌う中元みずき、大阪・光の饗宴2019開宴式で生歌披露
  • 『アナ雪2』日本版エンディング歌う中元みずき、大阪・光の饗宴2019開宴式で生歌披露
  • 『アナ雪2』日本版エンディング歌う中元みずき、大阪・光の饗宴2019開宴式で生歌披露
  • 『アナ雪2』日本版エンディング歌う中元みずき、大阪・光の饗宴2019開宴式で生歌披露
 『アナと雪の女王』の続編となる『アナと雪の女王2』が11月22日に全国公開となる。このほど、11月4日に開催された「大阪・光の饗宴2019開宴式」にて、同作日本版エンディングを担当する中元みずきが登場。メイン楽曲「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに」を生歌披露した。


 中元は、若干19歳の新人アーティスト。日本版エンディングを歌うアーティストに新人が起用されるのは、ディズニー作品として初のこと。イベントには、エルサをイメージした水色の衣装で登場。開宴式に集まった20万人もの観客を前に新人とは思えない堂々たる歌声で「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに」を歌い上げた。また、歌の盛り上がりが最高潮に達すると、ステージ上は雪の演出で一気に”アナ雪“の世界観になる一幕も。幻想的な雰囲気の中響き渡った中元の力強い歌声に、会場からは大きな拍手が起きた。

 中元は歌い終えた感想について「すごく緊張したのですが、こんなに大きなステージで歌えることはないので、楽しく歌わせてもらいました!」と挨拶。今回エンドソングアーティストに抜擢されたことについて「全然信じられなかったですし、小さいころから歌手になることがずっと夢だったので、夢が叶った瞬間は一生忘れられないです」と今の気持ちを答えた。

 なぜ、エルサにだけに“力”は与えられたのか?アナとエルサに加え、前作で大事な仲間となったクリストフとオラフと共に歩む先で待ち受ける冒険、そして姉妹の過去に隠された“秘密”とは?『アナと雪の女王2』は、11月22日より全国公開。
《KT》

関連ニュース

page top