綾瀬はるか&西島秀俊、最強の夫婦が帰ってきた!『奥様は、取り扱い注意』映画化決定 | RBB TODAY

綾瀬はるか&西島秀俊、最強の夫婦が帰ってきた!『奥様は、取り扱い注意』映画化決定

2017年10月~12月に日本テレビ系にて放送されたドラマ『奥様は、取り扱い注意』。このほど、劇場版が2020年6月に公開されることが決まった。

エンタメ 映画・ドラマ
(C)2020映画「奥様は、取り扱い注意」製作委員会
  • (C)2020映画「奥様は、取り扱い注意」製作委員会
  • (C)2020映画「奥様は、取り扱い注意」製作委員会
  • (C)2020映画「奥様は、取り扱い注意」製作委員会
 2017年10月~12月に日本テレビ系にて放送されたドラマ『奥様は、取り扱い注意』。このほど、劇場版が2020年6月に公開されることが決まった。

※注目写真集をチェックする

 同ドラマは、他人も羨むちょっとセレブな専業主婦・伊佐山菜美(綾瀬はるか)が主人公。実は元スゴ腕の特殊工作員という過去を持つが、人生をやり直して穏やかな幸せを手に入れるため、過去を隠し結婚。新婚生活を送る高級住宅街で、平和な生活を過ごす中、主婦たちが抱える様々なトラブルに直面。持ち前の強さと賢さで次々とトラブルを解決していくという痛快エンタメドラマとして人気を博した。なお、実は公安のエリートでありながらそのことを隠して菜美(綾瀬)と結婚し、生活を共にする伊佐山勇輝を西島秀俊が演じた。

 ドラマ版最終回では、勇輝が帰宅した菜美に拳銃を突きつける衝撃のシーンで終了したが、伊佐山夫婦の関係は一体どうなってしまったのか?劇場版では“史上最強の夫婦喧嘩”のその後が描かれる。さらに、見どころの一つである綾瀬と西島の超絶アクションもさらにスケールアップ。ポルトガルロケも敢行され、謎めいたストーリーも舞台もスケールアップしているという。

 綾瀬は劇場版制作について「ドラマでは『続きがどうなるんだろう』と気になっていたので、映画化されると聞いてとても嬉しかったです!」と喜び。「ドラマでは菜美が住んでいる街の中で起こる、主婦たちの事件を解決していましたが、映画ではストーリーがスケールアップしています。夫婦の絆や形にも注目して頂きたいですし、アクションも見ごたえのある作品になっていると思いますので、楽しみにしていてください!」と呼びかけた。

 一方の西島は、「映画撮影初日が勢いのあるアクションシーンだったので、約2年ぶりの現場でしたが、スムーズに役に入れたと思います。映画では国の問題を解決するストーリーでスケールが大きくなっていますし、屈強な敵を菜美がバタバタと倒していく爽快感も楽しみにして頂ければと思います」と見どころを伝えている。

 映画『奥様は、取り扱い注意』は2020年6月全国公開。
《KT》

関連ニュース

page top