阿部サダヲ、映画『決算!忠臣蔵』で浅野内匠頭役に決定 | RBB TODAY

阿部サダヲ、映画『決算!忠臣蔵』で浅野内匠頭役に決定

『殿、利息でござる!』『忍びの国』などで知られる中村義洋監督最新作、映画『決算!忠臣蔵』が、11月22日に全国公開となる。このほど、同作の新キャストとして阿部サダヲの出演が発表された。

エンタメ 映画・ドラマ
(C)2019「決算!忠臣蔵」製作委員会
  • (C)2019「決算!忠臣蔵」製作委員会
 『殿、利息でござる!』『忍びの国』などで知られる中村義洋監督最新作、映画『決算!忠臣蔵』が、11月22日に全国公開となる。このほど、同作の新キャストとして阿部サダヲの出演が発表された。

※ロボット掃除機が当たる!「格安SIM満足度」投票受付スタート

 同作は、東大教授・山本博文による『「忠臣蔵」の決算書』(新潮新書)が原作。大石内蔵助が実際に残した決算書を基に、討ち入り計画の実像をお金の面から描いた作品だ。すでに、大石内蔵助を堤真一、内蔵助を支える貧乏なそろばん侍・矢頭長助を時代劇初挑戦の岡村隆史が務めることが決まっているほか、濱田岳・横山裕・荒川良々・妻夫木聡・竹内結子・石原さとみ・西村まさ彦・橋本良亮(A.B.C-Z)・寺脇康文、さらにはお笑い界から西川きよし・桂文珍・木村祐一・村上ショージ・板尾創路といったキャスト出演が発表されている。

 このほど出演が決まった阿部サダヲは、赤穂藩藩主・浅野内匠頭を務めることが決定。阿部は、大河ドラマ『元禄繚乱』(1999年、NHK)で幕府側の真田信就役にて出演していますが、忠臣蔵の中心人物や浅野内匠頭を演じるのは初めてのこと。なお、浅野は、“濁ったものを清くする”ことがモットーの一本気な性格が故に、賄賂まみれの吉良上野介に江戸城で斬りかかり、即日切腹。その結果、藩はお取り潰しとなり、残された赤穂浪士たちがその仇を討つ為、吉良邸へ討ち入りをすることとなります。いわば、忠臣蔵の物語の全てのきっかけを作った人だ。

 阿部は、同作への出演について「中村組に少しでも参加できて嬉しかったです!でもその少しが、皆さんを大変な事に巻き込んでしまうんですよね。すみません、切腹してしまったので知りませんが。(笑)」とコメント。一方、阿部に信頼を置く中村監督も、「今回の忠臣蔵での浅野内匠頭は、狂気をはらんだ一途さが必要でした。そうなるとサダヲさんしか思い浮かばなかった」とコメンを残している。

 映画『決算!忠臣蔵』が、11月22日に全国公開。
《KT》

関連ニュース

page top