矢沢永吉、初開催フェスに2万人が集結!7年ぶりオリジナルアルバム発売も | RBB TODAY

矢沢永吉、初開催フェスに2万人が集結!7年ぶりオリジナルアルバム発売も

矢沢永吉初のフェス「ONE NIGHT SHOW 2019」が7月6日、幕張メッセで開催。20,000人のオーディエンスが集結した。

エンタメ 音楽
「ONE NIGHT SHOW 2019」 PHOTO:ほりたよしか
  • 「ONE NIGHT SHOW 2019」 PHOTO:ほりたよしか
  • 「ONE NIGHT SHOW 2019」 PHOTO:ほりたよしか
  • 「ONE NIGHT SHOW 2019」 PHOTO:ほりたよしか
  • 「ONE NIGHT SHOW 2019」 PHOTO:ほりたよしか
  • 「ONE NIGHT SHOW 2019」 PHOTO:ほりたよしか
  • 「ONE NIGHT SHOW 2019」 PHOTO:ほりたよしか
  • 「ONE NIGHT SHOW 2019」 PHOTO:ほりたよしか
  • 「ONE NIGHT SHOW 2019」 PHOTO:ほりたよしか
 矢沢永吉初のフェス「ONE NIGHT SHOW 2019」が7月6日、幕張メッセで開催。20,000人のオーディエンスが集結した。

※ほかの写真を見る

 この日のイベントには、氣志團、MIYAVI、東京スカパラダイスオーケストラ (Guest 奥田民生)、KREVAらが参加。氣志團は、東京スカパラダイスオーケストラの30周年トリビュートに収録されたインスト・ナンバー「砂の丘~Shadow on the Hill~」や、矢沢のカヴァー「Rockin' my heart」とこのイベントに寄せた選曲で会場を盛り上げ。「こんなイベントに出られて死んだ父親や、木更津の母親、僕に矢沢永吉を教えてくれたスナックのマスターに知らせてやりたい!」とイベント出演への喜びを語った。



 さらに、MIYAVIは真っ白なルーズ・フィットのスーツでステージに登場。4曲目の「Strong」ではゲストでKREVAも参加。その後も、7月24日リリースの新アルバム『No Sleep Till Tokyo』から、タイトル曲を演奏し35分のステージを駆け抜けた。メンバー全員が白いスーツ姿の出で立ちの東京スカパラダイスオーケストラは「DOWN BEAT STOMP」でライブをスタート。「Paradise Has No Border」の後半に奥田民生が登場。サビ・パートをギターで弾こうと試みるも音が出ず、急遽ヴォイスで"Da Da-Da Da Da!"と参加する一幕も。KREVAは、この日唯一のヒップホップ系アーティストで参加。「初回から最上級のラップを観られる皆さんはラッキー!今日から俺が"基準"です!」と会場を盛り上げ、「基準」などを披露した。



 KREVAのステージが終わると、場内からは「永ちゃん!永ちゃん!」の大コール。転換時間を経て、矢沢が登場するまでの約20分、変わらぬパワーでコールが続いた。ステージに登場した矢沢は、「夏の夜はこの曲だよね」とミディアム・テンポのバラード「SEPTEMBER MOON」などを披露。「もうすぐ70歳になります。70過ぎてバリバリのロックシンガーは海外だとミック・ジャガーらがいるけど、日本にはまだいません」と一呼吸置いて「俺やります!ヨロシク!」とコメント。その後も「SOMEBODY'S NIGHT」「ラスト・シーン」などを披露した。



 そして、ここで羽鳥慎一と日本テレビの水卜麻美アナがステージに登場。『THE MUSIC DAY』の中継が入り、ラストはバラード・ナンバー「YES MY LOVE」で締めた。5組のミュージシャンが参加し、4時間30分に及んだ「ONE NIGHT SHOW 2019」は閉幕。なお、この日70歳を迎えることを記念して、7年ぶりとなるオリジナル・アルバム『いつか、その日が来る日まで...』が9月4日にリリースすることも発表された。
《KT》

関連ニュース

page top